英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

英語プラスワンでキャリアを多様化する方法


英語プラスワンでキャリアを多様化する方法

「英語プラスワン」とは、「英語+営業力」「英語+マーケティング力」「英語+プログラミング力」など、特定の仕事の業種に英語力をプラスするという考えです。
 
例えば、当サイトでは長らく外資系IT企業に勤めてきたメンバーがいますが、彼の給料は、業界平均の2倍だったそうです。それでいて、ずば抜けてすごい仕事をしてきたか、というとそうでもありません。
 
日本では色々な職種スキルと、英語力が合わさると、年収が大きく飛躍するのです。これは国際的にみると極めて珍しい現象ですし、英語ができるビジネスマンはかなり得をしていることになります。その理由は簡単で、英語のできるビジネスマンが少ないからです。
 
多くのビジネスマンがキャリアアップを望んでいますが、色々な言い訳をして、なかなか英語の勉強に時間を投資しようとしません。これは、今英語の勉強を始めようとしている皆さんにとっては、自身を差別化する大きなチャンスです。
 
さて、ではどうやって英語をキャリアアップに活用するかについてお伝えします。既に英語が必要とされている職場にいる方もいらっしゃると思いますが、多いのは「今の時点では必要ではないが、将来的に必要になるかもしれない」という方です。
 
こうした方は、現時点で急ぎ英語が必要というわけでもないので、なかなか英語を使う機会に恵まれない、それが故に「英語がビジネスレベルで使えます」とは言いにくいかもしれません。
 
しかし、英語を学習して、ぺらぺらではないが、ある程度できるようになり、外国人との基本的な意思疎通もできるようであれば、「英語がビジネスレベルできます」と履歴書に書いて、高い年収を求めて、転職活動をするのは良い選択だと思います。
 
もちろん、「ぺらぺら喋れない」ことは英語の面接をすればすぐに判明してしまいますが、「職種スキルがある」そして「若干英語が使える」、「今もまだ勉強中で、英語力の向上が期待できる」となれば、採用のチャンスは大きく広がります。
 
さきほどお伝えした通り、「英語ができない、からといって、皆英語の勉強を始めるわけではない」のです。多くの人は、英語ができなくても仕方ない、と諦め、勉強を放棄していて、英語力の向上が期待できないのです。
 
ちなみに私は、日本の外資系企業で採用面接に携わったことが多数ありますが、「英語のメールの読み書きは、少しはできると思いますが、話したり聞いたりとなると厳しいです」という方が圧倒的に多かったです。
 
私が面接官だったら、こうした応対をする人よりも、「一年前から英語の勉強を続けているので、少しは話したり聞いたりできます。入社して実際に仕事で英語を使うようになったら、半年後、一年後には、ある程度できるようになっていると思います」という方を採用したいです。とはいえ、こうした方は滅多に来ないのが現状なので、頑張れば易々と自分を差別化できます。
 
英語の勉強を始めるのは、今が一番良いタイミングだと思います。今後、就労ビザの緩和や、優秀な留学生の囲い込みが進んでいくと、海外からやってきた2カ国語、3カ国語、それ以上の言語ができる優秀な人材が、「複数言語が必要な『おいしい』仕事」に就くことが予想されます。
 
既に大手企業は留学生や海外人材の積極採用に動いています。あと何年か後では、チャンスが大きく狭まっているかもしれません。始めるなら、早い方が良いです。
 
是非ともこれをきっかけに英語をものにしていただき、そして、あなたの仕事スキル・経験に、英語力を「プラスワン」して、さらなる高みを一緒に目指しましょう。
 
(参考記事)
「プロの翻訳家・同時通訳になりたい」というお問い合わせを受けて

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] さて、いかがでしたでしょうか。夢も希望もない話だと思われたかもしれませんが、英語そのものを仕事にするのではなく、「英語プラスワン」でキャリアを多様化することをおすすめします。 […]

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!