英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

ワーキングホリデーのメリット・デメリット


ワーキングホリデーのメリット・デメリット

若いうちに、海外で働きながら生活する、というワーキングホリデーは、いつの時代も一定の層から支持を得ています。それでは、ワーキングホリデーのメリットとデメリットについて、考えてみたいと思います。
 
結論からお伝えすると、「英語学習を主眼として、ワーキングホリデーにいくのは、お金と時間を考えると効率が悪いです。また、キャリアを伸ばす、という観点でのワーキングホリデーはおすすめしません。英語学習、キャリア以外の目的を持っていくのであれば、悪くない」と思います。
 
では詳しく見ていきましょう。
 

ワーキングホリデーとは

18歳から25歳(30歳の場合も)の人は、日本とワーキングホリデー受け入れ提携をしている国に、最高一年間滞在することができます。
 
なお、ワーキングホリデーは就業ビザではないので、ワーキング、つまり仕事はアルバイト程度の仕事にしか就くことができません。
この程度の仕事だと収入は少ないので、毎月働いて得る収入だけで生活費を賄うことは出来ません。ワーキングホリデーは、ホリデー、休暇がメインだと考えてください。よって、滞在費は別に準備しておく必要があります。「アルバイト可能な、一年間の海外滞在、海外旅行」と理解するのがよいです。
 

ワーキングホリデーのメリット

海外で暮らすことがてきる

何といっても一番のメリットは、海外で長期間暮らせるということです。旅行でいくと、数日、長くても1-2週間であることが多いですが、ワーキングホリデーですと最長1年間滞在することが出来ます。これだけ長く海外に滞在できるチャンスは、外国人と結婚する、仕事で海外に派遣される、また海外で就職する、海外の学校に留学する、くらいしかなく、どれもそれなりにハードルが高いです。これらと比べると、ワーキングホリデーのハードルは低いので、海外に長期間滞在するための数少ないチャンスだといえます。
 

異文化交流

海外生活でのもっとも大きい魅力ではないでしょうか。特に、高校生、大学生の頃、外国や外国人と接点が少なかった人にとっては、人生や物事の見方を大きく変えるキッカケになりえると思います。日本では当たり前のことが、海外では当然ではなかったり、日本より優れた点を海外で見つけ出すこともあると思います。日常生活、観光、食事、宗教、物の売り方、インターネット事情など、あらゆる点で違いがあります。その違いを理解し尊重するが、自分の考えもちゃんと主張する。最初のうちは大変ですが、最終的には得難い経験、スキルになり得ます。
 

リラックス

ワーキングホリデー、という名前ですが、主語は「ワーキング」ではなく「ホリデー」です。私の知人に、いわゆるブラック企業に勤めて疲弊した後で、ワーキングホリデーに一年間行って、リラックスした日々を過ごした後で、再び日本で働いている人がいます。彼女は「一生に一度だと思って行った。もちろんいいことばかりではなかったが、とてもよい経験だった。ブラック企業にいた時は考える時間がなかったが、この時間にたくさん考えてから、次こそは本当にやりたいことに踏み出せた」と語ってくれました。
 
重い責任や長時間労働から離れて、リラックスして時間を過ごすことは、なかなかできるようで、できないので、人生を考え直すよい機会になり得ると思います。
 

スポンサーリンク

ワーキングホリデーのデメリット

英語力は「相当努力しないと」使えるレベルにならない

海外暮らしなのに英語力が向上しない理由は簡単です。あまり考えず、とにかく外国に行きたいということでワーキングホリデーに行く人は、英語力がないのです。英語力がないアルバイトには当然、重要な仕事を任せられません。
 
よって、語学力にあまり依存しない仕事が回ってきます。それから、日本語が必要とされる日本人相手の仕事が回ってくることが多いです。「とにかくワーキングホリデーで英語圏の国に行って1年ほど過ごせば、かなり英語が話せるようになるはず」というのは間違いです。
 
努力すればもちろん伸びは早いですが、努力しなければいつまでたっても片言英語しか話せません。そして、英語をちゃんと勉強したいと思ったら、現地の語学学校に通うことになり、事前に準備しなければならないお金は一層増えることになります。
 
当サイトには、以前の勤務先で、部下にワーキングホリデー経験者がいた、というメンバーがいます。彼に話を聞いたところ、「ワーキングホリデー経験者のAさんを派遣社員として雇って2年間働いてもらった。人間的にはいい人だったが、正直言って英語はあまりできなかった。
 
ちょっとした会話はできるが、アメリカ本社にきちんとした内容の報告や要請を、メールや電話会議でするレベルには達していなかった。なので、比較的単純な仕事、例えば毎週決められたタスクを淡々とこなすような仕事をメインに行ってもらった。この会社では、特に優れた派遣社員に、正社員としての雇用を提案することがあるが、Aさんはとてもその水準には達していなかった」と言っていました。
 

キャリアにはならない

先にお伝えしたとおり、ワーキングホリデーは「ホリデー」として世間では評価されています。仕事上のキャリアをガンガン伸ばしていきたい、という人にとっては、単純に、一年間のキャリアの停滞を意味します。
 
また、是非は別として、「ワーキングホリデーに行く人=あまり仕事熱心でない人」という評価がされることもあります。仕事に対して強い野心がある人は、ワーキングホリデーという選択肢を取らない方が良いでしょう。もし英語力を伸ばしたいのであれば、日本にいて仕事をつづけながら英語力をつける方法を取る方が、仕事に割ける時間も大きく、費用も安いためお勧めします。
 

費用がかかる

生活費がアルバイトだけで賄えないので、まとまったお金を日本から持って行く必要があります。ワーキングホリデーで行ける英語が母語の国は、カナダ、イギリス、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランドの五カ国ですが、どこも先進国で生活費は高いです。
 
近隣の国に旅行に行く、外食が多い生活を送る、ともなれば、あまり余裕がないケースがほとんどでしょう。そして、ワーキングホリデーに来る前に、十分なお金を用意できなかった人は、旅行や外食どころか、カツカツの生活になる可能性が高いです。
 

ワーキングホリデーからなにを得たいのか考えよう

重要なのは、なぜ自分はワーキングホリデーに行くのかを明確にすることです。かなりのお金と一年間のキャリアを捨てることになります。慎重に判断を下してください。ワーキングホリデーのメリットを過大に伝える仲介業者の言うことをそのまま信じるのが一番危険です(彼らはあなたをワーキングホリデーに送り込んで手数料を取ることにしか興味がありません)。
 
ワーキングホリデーで得たいものは何か。それは本当に得られるのか。または、どうすれば得られるのか。得られるものは、失うお金と一年間のキャリアと比べて「見合う」のか、などです。
 
一度だけの人生、後悔せずにやってみよう、というのは簡単です。しかし行った結果、得るべきものが得られなかった場合、他の選択肢を選んだ方が良かった、という結論になりかねません。是非、自分で考え抜いて、そして色々な人に相談して、行くにせよ、行かないにせよ、悔いのない選択をしましょう。我々も応援しています。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!