英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

英語スピーチで「失敗を語る」


英語スピーチで「失敗を語る」

英語を勉強するなかで、「多くの人の前で、英語で話す」というチャレンジがある方も多いと思います。
 
例えば「5分間英語で、聞いている人に役に立つ内容をスピーチしてください」といった内容です。「人前で話すことは得意でないのに、しかも英語で話すとか、これは困った」と思う方が多いのではないでしょうか。ここでは、英語スピーチの鉄板ネタである「失敗・挫折について語る」ことをご紹介します。
 
なお、こちらの記事では、「話す内容」について焦点を当てます。「話し方」について興味のある方は、「眠くならないプレゼン・スピーチをしよう」の記事をご覧ください。
 

スピーチの基本

例えば5分のスピーチであれば、たくさん物事を伝える時間はありません。「あれもこれも」と詰め込むと、逆に何も伝わらなくなります。よって、ここでは「失敗・挫折を語る」を例に取り、下記の3つを意識してスピーチを作っていきます。
 
(1) どの失敗・挫折を語るか
私も、皆さんも、これまでの人生で経験した失敗・挫折は、1つや2つではないと思います。ただ、小さな失敗や挫折は忘れてしまっているので、今思い返せるものは、結構大変な失敗や挫折なのではないかと思います。これらの経験の中で、「失敗したが、その経験をばねにして、後の成功につなげた」という経験がないか考えてみます。
 
例えば...

  • 10年間付き合った彼氏(彼女)に振られた経験
  • 仕事で左遷された経験
  • お金がなくなって消費者金融からお金を借りた経験
  • ギャンブルで多額のお金と時間を費やしてしまった経験
  • 夫婦、親子、兄弟で大ゲンカをした経験

などです。
 
(2) 何を聴衆に伝えたいか
つらい経験をして、その経験からずいぶんと経過して今があるわけですが、では、あなたが一番伝えたいことは何でしょうか。失敗を避けるための方法、失敗を受容する方法、失敗した原因の改善、失敗によってどう人生が変わったか(変えたか)、など様々ではないかと思います。ここでは、1つだけ、伝えたいテーマを書き出してみましょう。
 
例えば...

  • 誰でも、何歳になっても、変わることができる
  • 独りよがりにならず、他人からの評価も意識しよう
  • 一度嘘をついた人を信用してはいけない
  • 自分の強みで勝負する
  • 妥協してはいけないものは、絶対に守らないといけない

など、色々とあるのではないかと思います。
 
(3) なぜ失敗・挫折したか、そしてどのように立ち直ったか
上記(2)で決めたテーマに沿って、スピーチの骨組みを組み立てていきます。骨組みとなる内容は下記の5つになります。

  1. 簡単な自己紹介
  2. 失敗を起こした時の状況
  3. 失敗とその影響(客観的な状況と、心理的な状況の両方)
  4. 失敗・挫折からどう立ち直ったか
  5. 失敗は自分の人生にどうつながっているか

 

スピーチの例

それでは、テーマと、前項の(3)にある5つに内容を埋めてみます。
「テーマ: 人には向き不向きがある。一度だめでも、別な場所で能力が発揮できる」
 
1.簡単な自己紹介
新潟県柏崎市出身。32歳。医薬品業界に勤務。
2.失敗を起こした時の状況
新卒入社4年後に、リストラ勧告された
3.失敗とその影響(客観的な状況と、心理的な状況の両方)
自分に能力がないことを突き付けられ、非常に落ち込んだ。しかしどうしても妻には言えなかった。
4.失敗・挫折からどう立ち直ったか
仕事における強み弱み、人とのコミュニケーション、働き方を再度見直して、同じ会社の別な部署に異動。その後順調に勤務
5.失敗は自分の人生にどうつながっているか
自分が得意なこと、自分が他の人より強い部分でどう勝負するかを意識するようになった。これは非常に効果が高い考え方だと思っている
 

例に基づいた実際のスピーチ

では、上記について実際に文章にしてみたいと思います。
 
1. Hi, my name is Taro Hasegawa, 32 years old, grew up in Kashiwazaki, Niigata, currently working at pharmaceutical industry.
 
2. Today, I would like to share my personal, bitter experience. This was my lesson to learn about my strength and weakness.
I joined AAA Company in 2008, and assigned sales division. Pharmaceutical sales is really, really tough job because doctors are very busy and no time to listen from us. I worked very hard but, unfortunately less performance.
One day, my boss set a 15 minutes meeting and he told me, “Unfortunately our group has no room for your seat”. This means firing.
 
3. I was so depressed and upset because I just married and have a baby. “What should I do? How do I overcome this situation? What is the wrong?” I repeated again, and again. My wife and I were very happy because we got a baby, so I decided to handle this situation by myself.
 
4. At first, I listed up my strength and weakness. I am not so strong, pushy guy and sometimes easy to make a compromise with customers. So I understood I am not appropriate guy in sales group. However I am very good at data analysis to find out sales trends and also operation improvements. Spent 3 days, I wrote down my analysis papers and knock the door of Human Resources department, to have meetings with planning group. She, my current boss, was really interested in my papers and said, “Why don’t you come to our group? There is one seat available to you”. Then luckily I moved to current group.
 
5. My lesson from this experience is very simple. “You should understand your strength and weakness, and use your strength, not weakness”. On sales group, I used weak weapon, therefore I lost. But now I use strong weapon therefore keep winning. Sometimes it is hard to accept your weakness. But if you use weak weapon, you always lose your fight. “Use your strong weapon, not weak one”.
 
Thank you.
 

失敗ストーリーは「面白い」

映画でも、カムバック物、例えば一度落ちぶれた主人公が再び浮上するきっかけを掴んで立ち上がる、といったテーマは王道です。一度は負けたが、その経験を生かして立ち上がるという話には誰しも興味を持ちます。何故なら、誰もが失敗する可能性があり、そこからどのように立ち上がるかは、聴衆にとっても他人事でない、自分がいつか使うかもしれない考え方、スキルかもしれないのです。
 
では、あなたは何をテーマにして、何を伝えることができるか、ぜひ考えてみてください。これは、聴衆のためだけでなく、あなた自身にとっても大きな学びとなるはずです。
 
当サイトの英語教材で英語を学び、日本語しか話せなかった人が今では英語で簡単なスピーチをできるまでになった事例は少なくありません。是非あなたもチャレンジしてみてくださいね♪

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!