英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

英語との接点を増やす5つの方法


英語との接点を増やす5つの方法

英語力をつけるには、基礎からの積み重ねが必要です。
 
基礎からの積み重ねとは、中学校や高校の英語をきちんとマスターする、ということです。当サイトでも、基礎固めに役立つおすすめの英語教材を紹介していますが、基礎ができた後は、応用力と実践力、つまりTOEICなどのテスト対策や、英語を話す練習、英語のニュースや論文を読むなど、より具体的な成果を目指して英語学習を深めていきます。
 
英語の学習を行う上で重要な要素の一つは「英語との接点の多さ」です。英語を何もわからない人、基礎力が皆無の人が、英語を聞き流すだけでは全く学習効果はありません。しかし、英語の基礎が身についた人が、英語との接点を増やすことは明確な効果があります。そこで、簡単にできる英語との接点づくりをお伝えします。
 

1.スマートフォンの言語を英語にする

これは非常に簡単で、お金も一円もかかりません。初期設定では日本語になっているスマートフォンの設定言語を英語にするだけです。こうするだけで、毎日単語の学びができます。例えば、スマートフォンのメニューを見るだけで “tethering”, “notification”, “exception”, “one-handed”, “accessibility”など、英語初心者には難しい単語がいくつかあります。小さいですが、学ぶ機会が増えます。
 

2.英語のニュースを聞く・読む

通勤や通学で移動中に、YouTubeやPodcastで、当サイトが選択した英語教材を聞いたり、英語のニュースを聞きます。英語教材の音声などは、何度も聞いているものもあるかと思いますが、それでも繰り返し聞きます。「もう完全に理解できたな」となるまで、何かをしながらでも良いので、聞くことをおすすめします。
 
なお、英語のニュースは、「語彙」「スピード」「内容」の3点で、理解するのはかなり難しいと思います。まずは、「このニュースでは何を言おうとしているのか」を漠然と理解するだけでOKです。しっかり勉強したい場合は、後で英語のサイトで同じニュースについての記事がないか、調べてみましょう。これをやっていると、語彙がかなり増えます。
 

3.外出して、1日外国人のふりをして過ごす

これは私の友人が一度やってみて面白かった、といっていた方法です。ややクレージーな方法なので、万人にはおすすめしませんが、とても学びが多いです。つまり、外出して「日本なのに外国人のふりをして、英語しか話さず過ごす」のです。
 
例えば、喫茶店でメニューを頼むときも「English menu, please」と英語のメニューをお願いしたり、ココアにホイップクリームがついているか、いないかを英語で確認したりします。ドラッグストアで買い物するときは大変です。胃薬って何て言えばいいのか、ジェネリック薬品って英語で何ていうのか、友人は都度調べてから話していました。
 
これをやると、普段日本語で伝えていることを、英語で伝えることはどれほど難しいか、よくわかります。難しいことが分かると同時に、「頑張れば何とかなる」ことも同時に分かるので、英語を使うことに希望が持て、そして自信が持てるようにもなります。
 

4.見かけた街の広告を英語で翻訳してみる

街を歩いていると、様々な広告が目に入ります。例えば「ハロウィーンキャンペーン!10月末まで、カボチャのお菓子・パンを3個以上購入すると、20%引き」といったものです。こうした広告や掲示を見かけたら、頭の中で翻訳する練習をしてみましょう。これを繰り返すと、日常よく使われる表現をたくさん頭に入れることができる、というメリットがあります。
 

5.今の気分を英語にしてみる。しかも5秒以内で

時間を区切って英作文する作業は非常に有効です。英語は言葉です。話して理解したり、理解されたりします。いくら正しい英語を話そうとしても、5分考えて1文を話すでは、会話になりません。よって、「すぐ文章を作る練習」を繰り返し行うのは有効です。
 
まず、「今どこにいますか?」「今日は何月何日ですか?」「今日の予定を教えてください」「今日食べたものを教えてください」「今日は誰と会いますか(会いましたか)」という5つの簡単な質問に即座に答える練習をしてみましょう。口に出して話してもいいですし、電車の中などであれば、口に出さずに頭の中で文章を組み立てても構いません。簡単な質問に対して、考えずにすぐ答える練習。この5秒瞬発力トレーニングはとても役に立ちます。
 
注意いただきたいのは、英語の接点を増やすのは、中学校や高校の英語の基礎ができた人に試してほしい「補助的な」英語学習方法です。基礎を固めずに、また中学校・高校レベルの基礎がついていないので、接点だけ増やしても、学習効果はあがりません(90分動く体力がないのに、サッカーの戦略を学ぶようなものです)。基礎ができていない人は、当サイトのおすすめ英語教材をお試しください。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!