英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

英語力をつけて転職成功!28歳 外資系システム会社 北市さん(仮名)


英語力をつけて転職成功!北市さん(仮名)の事例

今回は、英語力をつけて転職に成功した事例についてお伝えします。
 
(編集部)
はじめまして。早速ですがこれまでの経歴についてお教えください。
 
(北市)
28歳で外資系のシステム会社で働いています。卒業したのは、実家のある東北某県の国立大学の工学部です。旧帝大の東北大学ではなくて、もっと地味な大学です。大学卒業までずっと実家暮らしだったので、東京で働きたいという漠然とした憧れがあり、東京の独立系システム会社に入りました。
 
(編集部)
就職した会社ではどのような仕事をしていましたか?
 
(北市)
いわゆる営業SEという仕事です。営業担当と一緒にシステムの提案を作成する仕事です。仕事はやりがいがあって面白かったのですが、給料が安いのと、2年目についた上司が最悪でした。
 
(編集部)
ぶっちゃけ給料はいくらでしたか?
 
(北市)
年収だと300万円です。私は技術系の資格を取るために結構勉強していたのですが、そうした努力や提案力は何も評価されず、同期は横一列で同じ給料でした。あとはサービス残業が多かったですね。月に40時間はあったと思います。
 
(編集部)
上司はひどかったのですか?
 
(北市)
会社の立ち上げメンバーの一人なので、一応功労者ではあるのですが、あまり能力が高くないので、経営陣も処遇に困っている感じだったと思います。とにかく労働時間の長さでしか、人を判断しない人ですね。上司の方針で、直行直帰も禁止だったので、朝顧客訪問が入っていても、毎朝会社に行かないといけないのです。無駄ですよね。
 
(編集部)
それは時間の無駄が多いですね。
 
(北市)
それくらいなら耐えられたのですが、自分の仕事が終わったら、できるだけ早く帰ろうとすることを理由に、人事評価で最低点を付けられました。他の人たちの1.5倍は働いていて、案件も取っているのに、ですよ。この頃から言葉で攻撃されるようになり、鬱すれすれまでいきました。
 
(編集部)
どのような症状がでたのですか?
 
(北市)
朝、会社に行こうとすると、吐き気がするんです。そして電車に乗って、釣り革に捕まって降りようとすると、手がこわばって、釣り革から手が離れないんです。これで何度か遅刻して、さらに攻撃されるようになりました。上司は、「しっかりしていないおまえが悪い」としか言わなかったですね。上司は創業メンバーで経営陣とも親しいので、他の人に相談しても、結局ばれるだけだと思って誰にも相談できませんでした。生きているのが嫌で、「あー、電車事故でも起こって、死なないかなー」と思っていました。
 
(編集部)
それはしんどいですね。
 
(北市)
そんな頃に大学のゼミの先輩と何年かぶりに飲むことになりました。相談し始めたら、あまりに辛くてずっと泣いてしまいました。居酒屋で、大の大人がずっと泣いているのは相当異様だったと思います。先輩は、うんうんと聞いてくれた後に、いくつかアドバイスをくれました。まず、「精神科に行って診断書を取って会社に持って行く、それを使って定時で帰ることを認めさせろ、会社を辞めるな、毎週1回2人で飲もう、英語を勉強しろ」でした。
 
(編集部)
ここで、英語がでてくるのですね。
 
(北市)
先輩も私と同じように、日系のシステム会社から外資のシステム会社に転職したのですが、英語ができるだけで日本は給料が上がるから得だ、おまえもやるべきとアドバイスもらいました。
 
(編集部)
この当時の英語力はどうでしたか。
 
(北市)
TOEICで400点でした。ちょっと誇れる点数ではないですね。大学卒業の時、確か380点くらいで、「そうか、2年ほど経ったのに、20点しか上がってないのか。そりゃあ、なにも英語勉強してないから仕方ないな」と妙に納得したのを覚えています。
 
(編集部)
どのように英語の学習に取り組んだのですか。
 
(北市)
英語を読むのはなんとかできたのですが、リスニングが本当にだめでしたので、リスニングができて基礎が押さえられる教材を探しました。いきなりTOEIC問題集とかやっても、たぶんダメだろうと思ったので。たどり着いたのは、「7+ English」という教材です。
 
(編集部)
この教材は当サイトでも非常に人気があります。どのように取り組みましたか?
 
(北市)
「7+ English」は60日でやることを想定した教材なのですが、私はこれを半分の30日でやりました。診断書を会社に出していたので、残業はほとんど発生していなかったので、早く家に帰って英語をやっていました。「30日でやり終えるぞ」と決意して、缶のコーラを30本買いました。勉強が無事終わったら、「今日もがんばった、コーラがうまい」とコーラを一本ずつ飲んでいました。残りのコーラが徐々に少なくなるのをみて、やる気がでました。
 
(編集部)
やった量や達成感を身に見える形にするのは素晴らしいですね。ちなみにやり終えていかがでしたか?
 
(北市)
よい例文をつかって、リスニングとシャドーイングしながら学ぶ教材のコンセプトがとても良かったです。発音するときは、カタカナ発音にならないように、アメリカ人っぽい感じで発音することを心がけました。一番よかったのは、リスニングに対する恐怖感がなくなったことです。まだすらすら聞けるレベルにはなっていませんが、聞くことに抵抗がなくなりました。
 
(編集部)
その後、どのように勉強を続けましたか?
 
(北市)
TOEICの公式問題集を使いました。「7+ English」でリスニングの恐怖感がなくなっていたので、なんとか聞けるようになりました。とはいえ、正答率はまだまだです。そして、2ヶ月後にTOEICを受けたら600点取れました。
 
(編集部)
約3ヶ月で200点アップは凄いですね。
 
(北市)
ここで頑張らないと、いつまでも今の会社にいるはめになるので、人生で久しぶりに頑張りました(笑)。この後、転職活動に入り、3社から内定をもらい、外資系の会社に入社しました。この会社のTOEICの足切りはTOEIC600点だったので、ぎりぎりでした(笑)。
 
(編集部)
では、これから英語を学ぶ方にアドバイスをお願いします。
 
(北市)
私は、「今の会社を何としても出たい」というネガティブな理由から英語を始めたのですが、英語を学ぶ理由は何でもいいと思います。ただ、私の先輩が言うとおり、英語を話せる人が少ない日本は、英語を話せるだけで差別化できます。比較的、給料が高い仕事につきやすいのです。
 
漠然と「今のままではいけない」「何かしないと」と考えている人は、英語をやるのがいいと思います。ただ、TOEICの点数が必要だからといって、基礎もない人がいきなりTOEIC問題集をはじめないでください。難しすぎて間違いなく挫折します。基礎力をつける教材をはじめに使うのがよいと思います。ちなみに、私はいまも営業SEをやっていますが、入社して2年経ち、給料は500万まであがりました。まあ、500万なので、すごい高いわけではないのですが(笑)。
 
(編集部)
本日はありがとうございました。
 
 
今の会社が嫌だ、辞めたい、というところから英語の学習を始めた北市さん。北市さんの人生を変えたのは、熱意と「7+ English」だったわけですが、その教材の良さはもとより、北市さんの考え方や熱意が大変素晴らしいなとお話ししていて感じました。北市さん、これからも頑張ってください!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!