英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

体育会の学生には英語学習がおすすめ


体育会の学生には英語学習がおすすめ

大学の新卒就職活動の時期に、一般の学生から羨望と妬みの両方で見られるのが体育会の学生です。
 
体育会の学生は、鍛えられた頑丈な肉体、厳しい上下関係に耐えてきたこと、そして数値で測られ明確に順位がつく競技で、勝つことを目指して努力してきた点が評価されますので、「XX大学サッカー部枠」といった形で、体育会の学生専用の採用枠が設けられ、一般学生よりも有利な就職活動をすることが多いです。
 
私も大学時代に、ゼミに二人体育会の学生がいましたが、一人は財閥系の海運会社、もう一人は電力会社にすぐに内定を決め、「体育会とはすごいものだな」と思いました。
 
先日、商社の人事部の方と会話したのですが、「体育会の学生は、体力と精神力、目標意識は強いが、創造力と英語力に欠けることが多い」と言っていました。つまり、目標が明確に示されている場合には一生懸命頑張れるが、そうでないは何をすればよいか分からずに困ってしまうことがあるという話です。
 
また、「体育会学生は、大学の名誉をかけてスポーツだけやっていればよい」という大学も多いため、授業は適当でも卒業できてしまう場合も多く、そうすると基礎的な学力、特に英語力に欠ける学生が多いのだそうです。大学には「スポーツ推薦枠」というものがあるので、高校時代も学業はあまり一生懸命やっておらず、大学にはスポーツ枠で入学、そして入学後もスポーツに明け暮れた、という方も多いでしょう。
 
体育会の学生、また体育会から企業に入社した若手社員におすすめしたいのは、この英語力を鍛えるという部分です。体育会の学生は体力、精神力、目標意識は強いので、例えば海外出張が頻繁に発生する仕事でも、その高い体力で十分に順応できる場合が多いのです。
 
そして、海外出張を繰り返して大変な状況でも、目標数字をなんとか達成するために一生懸命努力することができるのです。多くの場合で、足りないのは英語力だけなのです。
 
ただ、高校時代も、大学時代もあまり勉強してこなかった方も多いので、英語を始めると言っても苦労する場合が多いのです。体育会枠で就職もすんなり決まったので、TOEICを受けたことがないという方も多いです。
 
そこでお勧めしたいのは、恥ずかしがらず基礎の基礎から始めることです。
 
中学校レベルがきちんと理解できているかを確認し、そして高校レベル、その後はTOEICレベルへと徐々に目標を高めていきます。目標に対して懸命に努力することは慣れていると思いますので、例えば英検を3級レベルから受けなおして、準2級か2級がとれるようになったらTOEICへ移行してもよいでしょう。こうして小さな目標を作って、それを乗り越えることで英語力をつけていくのです。
 
英語に関しては多くの教材が販売されているので、自分が良いと思う教材があればそれを使ってもいいですし、当サイトで紹介している教材を利用してもよいかと思います。目標を立てて、それに向かい努力し、乗り越える。
 
そして、次にはより高い目標を立てる。つまりスポーツと同じですね。地区大会で勝ちあがると、都道府県ごとの大会、そして全国大会に進む、という感じです。
 
気を付けて頂きたいのはモチベーション維持です。
 
特にグループ競技をやっていた人の中には、集団だと頑張れるが、一人になると頑張る意志を強く持てない人が一定数います。こうした場合は、一緒に勉強する仲間を見つける、また「勉強カフェ」のような、周りがみんな勉強しているような施設を使って勉強する、ネットの学習コミュニティに入る、毎日ログをつけてFacebookやTwitterで公開する、など、自分に合った方法を見つけてください。
 
体育会学生、また体育会出身の会社員の方は、ぜひビジネスのフィールドでも「優勝」めざしてがんばってください!
 
英語教材おすすめランキング

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!