英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

「海外ボランティア」という「商品」


海外ボランティアという商品

大学生の就職活動において、他の人と差別化するために使われる経験には、様々なものがあります。有名なのは、企業でのインターンシップ経験です。そして最近では、ボランティア経験、特に海外ボランティア経験が、他の人と自分を差別化するために使われることが増えてきました。
 
海外ボランティアというと、英語を使って大変よいことしている、また海外で頑張ってすごい、というイメージがありますが、実際のところはそのほとんどが「ツアー旅行」に応募して参加しているだけです(お金を払えば基本誰でも参加できます)。どのような売り文句で集客されているのか、見てみましょう。
 

【チャイルドケア】
 
【活動先】
非営利団体の学童クラブ施設(6〜11歳)
 
【主な活動内容】
アメリカ人スタッフのアシスタントとして、宿題のサポート、スポーツ、ゲーム、工作などなどの活動サポート、自分で企画して日本文化紹介などのアクティビティ可
 
【どんな人に向いている?】
-子供と遊んだり、お世話したりするのが好きな人 心配りや気遣いが得意な人
-英語が通じなくても、子どもたちと仲良くしたいと思える人
 
【活動スケジュール】
平日(月~金)8:30~18:00 の中から3~4時間程度[延長可]、基本午前参加だが、場合によっては午後もあり。土日祝日はお休み

スポンサーリンク

 
英語ができなくても参加できる、1日3~4時間だけ参加できる、などとある通りで、団体側としてはボランティアが戦力として一生懸命働くことを大して期待していないのです。
 
こうした団体は、「海外ボランティア(と称する旅行)」を企画する会社から寄付金や謝礼を受け取るので、お金のために「海外ボランティア参加者」と称する「お客さん」を受け入れているのです。普通に考えてみればわかることです。
 
言葉が通じない人を受け入れて、手間ばかりかかって面倒なのだとしたら、受け入れたいとは思わないはずです。受け入れる理由はお金です。お金を払っているから、ボランティア団体は親切にしてくれるのです。こうした甘い経験を、「海外でボランティアをやってきました!」と胸を張って、就職活動の面接で伝えたとしたら、単なるお笑いでしかありません。
 
では、海外ボランティアに価値がないか、というとそうではありません。世界には、本気でボランティアを応募している団体がたくさんあります。
 
国際機関のボランティアは、ボランティアでも「特定の学位が必要」と、学位のない大学生の受け入れを断っているところがほとんどですが、地域のNGOやボランティア団体は人が不足しているので、応募をすれば採用してくれることもあります。「Junior Position」、つまり「経験は不足しているが若さとやる気が売りのジュニアポジション」に応募してみるのがよいでしょう。
 
こうした団体は自分で探さないといけません。お金を払って全てアレンジしてくれる「海外ボランティアツアー旅行」とは違います。団体を探す、ボランティアをしたいと英文履歴書を送る、Skypeで面接をする、条件を調整確認する、そして何度も落とされる、、、はずです。
 
一つ一つがそれなりに大変な経験で、だからこそ価値があります。リサーチ力、自分のスキル分析力、交渉力、そして英語力すべてが試されます。
 
「自分には難しすぎてとても無理」と思う方もいるかもしれません。しかし、物事は「自分に無理」と思った時点で本当に無理になるのです。
 
「がんばってやってみよう」と思ってやってみることで、うまくいっても、いかなくても経験が蓄積されていきます。「簡単なことをする」「何もしない」のでは、よい経験はたまりません。「ちょっと難しいことをする」「そのために能力を付ける」ことで、人間は成長していけるのです。
 
本気ボランティアは、初日から本気です。一日3~4時間ではなくフルタイムでの活動が求められるはずです。求められる英語力も高いです(というより、英語は普通に話せる前提で募集をかけています)。
 
よって、TOEICの点数も800点程度はあることが望ましいです(さらに話す力と書く力も必要)。ハードルが高い?いいえ、努力すれば必ず到達できます。
 
英語力がそれなりにある方(TOEIC500以上)は、TOEICの点数を上げつつ、話す力と書く力をつける学習を続けるのがよいでしょう。TOEICが500未満の方は、当サイトおすすめの教材で学習して、ある程度学力をつけてから、TOEICに向かうのがよいと思います。
 
長期間海外でボランティアをするという経験は、多くの人にとっては人生で一度だけの経験です。「海外ボランティアツアー旅行」に参加して、偽物の経験を得るのか、しっかり準備してその後胸を張れる経験、高く評価される経験、そしてその後の人生の大きな糧になる本当の「海外ボランティア」をするのか。よーく考えてみてください。若い時間は限りがあります。
 
ぜひ自分の時間を最も有効にできる経験を選び取ってください。応援しています!

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!