英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

ラストサムライ (2003) に見る渡辺謙さんの英語力


ラストサムライ (2003) に見る渡辺謙さんの英語力

アメリカと日本は人口が3倍以上違います。しかし、北米の興行収入と同じくらい日本でヒットしたハリウッド映画があります。それは、日本が舞台になった「ラストサムライ (The Last Samurai)」です。
 
制作はハリウッドの老舗、ワーナーブラザーズで、世界中で400億円以上の興行収入を上げた大ヒット作品、主演はトム・クルーズです。日本人の準主役である渡辺謙さんは、この作品を契機にハリウッドで名前を売ってスターダムを駆け上がっていくことになります。では、映画「ラストサムライ」に見る渡辺謙さんの英語力について考えてみましょう。
 
まず、渡辺謙さんの役どころとしては、明治政府軍に対抗する勢力のボス「勝元」です。西南戦争で散った西郷隆盛をモチーフにされていますが、映画なので史実と異なる点が多々あります(そもそも、西郷隆盛さんは、渡辺謙さんほどハンサムではないですね)。
 
勝元の弟の嫁を小雪さん、勝元の息子役を小山田真さん、勝元の部下役を真田広之さん、トム・クルーズ扮するオールグレン大尉を日本に連れてきた大村役を原田眞人さん、明治天皇役を中村七之助さんが演じています。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・リーディング力

まず、英語のリーディング力ですが、オールグレン大尉がつけていた日記を読むシーンがあります。手書きの英語を読んで理解できることから、相当の英語力があると判断できます。
 

オールグレン大尉がつけていた日記を読むシーン

オールグレン大尉がつけていた日記を読むシーン


 

渡辺謙さんのラストサムライ・ リスニング力

勝元の一味に捕まえられたオールグレン大尉は、何故自分が生かされているのか、勝元を疑うのですが、ここではかなり早い英語のやり取りがあります。畳みかけるように話すオールグレン大尉の英語を勝元は理解し、切り替えしています。よって、相当な英語力があると判断できます。
 

畳みかけるように話すオールグレン大尉の英語を勝元は理解する

畳みかけるように話すオールグレン大尉の英語を勝元は理解する


 
このシーンの、”And he got massacred because he took a single battalion against two thousand angry Indians.” というオールグレン大尉の発言をちゃんと理解して返しています。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・ スピーキング力

勝元の話す英語は流ちょうではありませんが、明確な発生で文法のミスもありません。
 

勝元の話す英語

勝元の話す英語


 
このシーンで勝元は、"Samurai cannot stand the shame of defeat." と言っていますが、聞き取りやすく、間違いもないです。もちろん、台本を読み込んで、練習を重ねているからそこですが、無理がなくスムーズに言葉が出ています。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・ ライティング力

勝元は映画の中で英語を書く場面がないので、ライティング力については不明です。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・ 英語力まとめ

渡辺謙さん扮する勝元の、映画内での英語力をまとめますと、このようになります。
 
リーディング ☆☆☆☆☆
リスニング  ☆☆☆☆☆
スピーキング ☆☆☆
ライティング ???
 

40代から英語力を鍛え上げた渡辺謙さんのプロ根性

さて、ここからが一番伝えたいことです。渡辺謙さんはこの役をオーディションで勝ち取っていますが、オーディションに合格してから英語をひたすら学習されたそうです。映画の公開が2003年末なので、オーディション合格は2001年か2002年頃だと想定されます。つまり、渡辺謙さんは40代前半から英語を鍛えまくったということです。40代の俳優が、日本での成功体験を捨てて、英語を学びまくってハリウッドに挑戦するわけです。それが「ラストサムライ」という日本が舞台の、日本人の大将という役だったとしてもです。
 
渡辺謙さんからは3つのことを学ぶことができます。
 

1.何かを得るためには、何かを捨てなければならない

渡辺謙さんは、日本でも定評のある、いえ、非常に高く評価された俳優でした。しかし、そんな渡辺さんがハリウッドに挑戦する、ということは、日本で安定的に得られる仕事を捨ててのチャレンジだったはずです。いくら日本で有名な俳優だったとしても、ハリウッドでは新人だったわけですから、日本で受けたような高い待遇からのスタートではなかったのではないかと思われます。
 
しかし、何を得たいかを明確にして、そのために何を捨てて、何に努力するかをきちんと考えられたのだと思います。何かを捨てることは難しい決断です。特に捨てるものが大きければ大きいほど、難しいです。しかし、捨てることなしに、何か全く新しいものを得ることはできないのです。
 

2.英語を始めるのに年齢は関係ない

「英語は早くから始めたほうが身につく」「歳がいってからの英語学習は難しい」「学習が定着しにくい」といった、「中高年の英語学習が難しい理由」はたくさん転がっています。
 
しかし、渡辺謙さんは、強い目的意識でこうした「学習しにくい」「学習しない」理由をねじ伏せて、「ハリウッド映画に出る」「ラストサムライで成功する」という目的に突き進みました。英語学習もその強い目的意識によって成し遂げたのではないでしょうか。英語学習は若い方が定着率は高いし、中高年のほうが難しいのは確かです。だからといって、中高年に英語学習は無理というわけではありません。
 

3.英語で人生のチャンスを広げる

渡辺謙さんは、「ラストサムライ」の演技で、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、サターン賞といった映画の助演男優賞にノミネートしました(残念ながら受賞はせず)。
 
英語ができなくて苦手だった40代の男性が、努力して世界の舞台で評価されたのです。いくら実力があっても英語ができないと評価されないのが、ハリウッド、世界のエンターテインメント業界というもの。「素晴らしい演技力+英語力」となったことで、渡辺謙さんの活躍の舞台が一気に広がったのです(当然、役者としての評価と収入も大きく増えています)。日本のスターから世界のスターへ、そして世界のスターとして、もう10年以上も活躍を続けているのです。
 
さて、皆さんはこの話を聞いて、どうしますか。「渡辺謙さんはお金持ちだから専属トレーナーつけて学習したんでしょ」「英語学習に専念できる身分ではないから自分には無理」など、英語学習をしない言い訳を続けるのでしょうか。
 
それとも、「私にもできる」「やってみる」と新しい一歩を踏み出すのでしょうか。当サイトは、皆さんが新しい一歩を踏み出す人生を歩んでいただければと思い、特に初心者に役に立つ教材を用意しました。ぜひ、渡辺さんのように、英語によって人生を広げてください。応援しています!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!