英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

ドイツ・ブンデスリーガで活躍する内田篤人さんの英語力をチェック!


ドイツ・ブンデスリーガで活躍する内田篤人さんの英語力をチェック!

現役のサッカー選手で、最も「アイドル顔」であると、英語教材ジャパン編集部で人気なのが、ドイツで活躍する内田篤人さんです。
 
高校卒業後、Jリーズの鹿島アントラーズで2006年から2010年シーズン初旬まで約4年間プレーした後、ドイツのトップサッカーリーグである、ブンデスリーガのシャルケ04 (注:シャルケ04というチーム名です)に所属しています。当記事執筆時点ですでに7年も同じチームでプレーできている内田さんは、チームからの信頼がいかに厚いかを証明しているかのようです。
 
さて、ドイツ語圏でのサッカー選手といえば、香川真司さんがいますが、内田篤人さんの英語力はいかほどか、チェックしてみましょう。
 

内田篤人さんのインタビューをチェック!

まず、2012年のインタビューをチェックしてみました。これは、チームが公式に出している内田篤人さんのインタビュー映像になります。
 

 
内田篤人さんは終始日本語でインタビューに回答し、金髪がもしゃもしゃした男性が通訳して代わりにドイツ語で答えています。いずれにせよ、日本語とドイツ語しか出てきていません。
 
次に、内田篤人さんが英語でのインタビューを受ける2014年の動画を確認しました。こちらは、スポーツ用品ブランドのアディダス (Adidas) が、サッカー選手を訪問する企画で、内田篤人さんが登場しています。
 

 
英語のインタビュアーは、英語で質問していますが、これに対し、内田篤人は全て日本語で返答しています(通訳が日本語と英語を訳す部分は省略され、英語の字幕が表示されています)。
 
さらに次にチェックしたのは、2017年のチームの公式動画です。
 

 
内田篤人さんのドイツ語力が、飛躍的に向上しています。2012年にドイツ語でのインタビューを通訳任せにしていたのとは大違いです。この数年間、ドイツ語を猛勉強されて、インタビューに通訳なしで応対できるレベルに引き上げたものだと推察できます。所属チーム、シャルケ04のファンに愛されるのも、こうした内田篤人さんの「ドイツに溶け込もう」とする努力があってこそ、かもしれませんね。
 
が、英語で話している動画はどうやっても見つかりませんでした。残念です。
 

内田篤人さんが英語を身につけたほうがよい理由

ドイツのチームに長らく所属しているので、ドイツ語を習得して、よりチームメンバーやファンに溶け込もうとする内田篤人さんの態度は素晴らしいものです。そして、英語教材ジャパン編集部としては、内田篤人さんに「ついでに英語学習もおすすめしたい」と思います。
 
英語とドイツ語は極めて近い言語です。ドイツに行ったら、よほど田舎か、よほど年配の人でない限りはまず英語が通じます。これは、「英語の必要性が高いからみな一生懸命に学んでいる」というよりは、「英語とドイツ語は近いので、さほど労力をかけなくても習得できるので、みな自然と習得している」のです。
 
当編集部で、アメリカ企業、ヨーロッパ企業両方で勤務してきたメンバーいわく「これまでドイツ人とは20名以上会って、一緒に仕事してきたが、英語を話せない人は一人もいなかった。しかも、みなすごく高いレベルで英語が話せていた」とのことです。
 
ドイツ語をマスターしつつある内田篤人さんは、ここでもう少しの努力を払って、ぜひ英語を学んでみてはいかがでしょうか。ドイツ語は、ドイツ、オーストリアと周辺諸国でしか通じませんが、英語であればグローバルで通用します。そして、ドイツ語の基礎がある内田篤人さんであれば、英語をゼロから学ぶということになりません。普通の日本人以上に、英語の習得が容易なはずです。
 
その際には、日本に長期滞在できるタイミングを見計らってライザップイングリッシュに通っていただくのもよいでしょう。素晴らしいスポーツ選手の多くは、物事を成し遂げるために発揮する集中力がすさまじいので、英語習得のために集中すれば、すぐにドイツ語レベルで使えるようになるのではないかと思います。
 
日本に長期滞在するチャンスがない場合は、当サイトおすすめの七田式「7+ English」をおすすめします。基礎力を養うにはよい教材で、ドイツ語を理解している頭で、英語の文法との違いをまとめて理解するには絶好のチョイスになります。
 
内田篤人さんのような素晴らしい選手は、世界中から声がかかる可能性がありますし、国際大会などでインタビューを求められたときに、英語で応対できると、ぐっとイメージがよくなります。「ドイツ語もいいけど、英語もね!」と、オススメさせて頂きます!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!