英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

桐谷美玲さんが英語を学習したほうがよい理由


桐谷美玲さんが英語を学習したほうがよい理由

今が旬の、最も美しく活躍している女優さんとして、真っ先に名前が上がってくるのは桐谷美玲さんです。
 
桐谷美玲さんは、高校一年生の時スカウトされ芸能界入りしてから、現在まで10年ちょっとですが、次第に人気と知名度を高めて、ここ3年ほどが絶頂期ではないかとおもいます。実は英語教材ジャパン編集部にも一名熱烈なファンがおり、桐谷美玲さんのポスターが貼ってあるほどです。
 
ここ1,2年ほどは映画とドラマの出演、そして猫との掛け合いが面白い「ワイモバイル」の広告にと引っ張りだこです。もちろん、日本語のドラマ・映画で、日本語のCMに出演ということで、日本語で済む環境がほとんどです。しかし、桐谷美玲さんが今のうちに英語を学習して英語力をつけたほうがよい理由が一つあります。
 

ドラマ「アンダーウェア(英語題名Athelier)」の出演

2015年、桐谷美玲さんは「アンダーウェア」というドラマに出演しています。主演が桐谷美玲さんで、教映社は大地真央さん、酒井若菜さん、マイコさん、石田ニコルさん、小倉久寛さんなど、キャストも豪華です。制作の指揮を執ったのは、当時フジテレビに所属していたプロデューサーの関口大輔さんです。
 

 
いや、それにしても惚れ惚れする美しさですね。。とそれはさておき、何故このドラマに注目するのか理由をあげてみましょう。それは「Netflixで全世界に配信されている」ためです。
 
これまで日本のドラマならびテレビ作品は、日本のテレビ局が制作し、日本で放映された後に、海外のテレビ局が「視聴率が取れそうだ」と思ったものについて、放映権を購入し、現地の言葉に吹き替えして放送する、というのが一般的でした。日本のテレビ局も、あくまで主戦場は日本国内でのテレビ放送で、海外への販売というのは「おまけ」みたいなものでした。
 
映画になると、さらに分かりやすかったと言えます。世界中で一番人気があるのは、もちろんハリウッド映画です。その次に人気があるのが、それぞれの国で作られた自国向けの映画になります(ちなみに日本では、ハリウッド映画より日本で作られた映画の方が人気がある傾向にありますね)。
 
多くの国々にとっては、ハリウッド映画でもなく、自国の映画でもないものは、お金を払って見る、という選択肢に入りませんでした。
 
しかしながら、NetflixやHulu、そしてAmazon Prime Videoといったオンラインで映画・動画を配信する企業が、これまでの現状を一変させました。自社のプラットフォームにユーザーを囲い込むためには、面白い映画やドラマを集めるわけではなく、「自分のところでしか見られない独自のコンテンツ」が必要だ、ということに気が付いています。
 
そして、制作された独自コンテンツは、NetflixやHuluなどの契約ユーザーであれば、誰でも見られるのです。日本人がアメリカのドラマを見るように、外国人が日本のドラマをさくっと見ることができるわけです。
 
ドラマ「アンダーウェア」はそのような流れで作られた作品です。制作はフジテレビが行っていますが、コンテンツ自体はNetflixから配信されています。「アンダーウェア」という日本語タイトルだけでなく、「Athelier (アトリエ)」という英語の題名がついているのも、世界中で配信されているからです。
 

意識せずに「世界進出」し、その後は?

かつて、役者さんの「世界進出」という言葉は、特別な意味を持っていました。アメリカに行って、英語を訓練して、ハリウッド映画の端役からのし上がって、良い役を掴むといったイメージです。
 
しかし、桐谷美玲さんは、「フジテレビのプロデューサーが指揮するドラマに出演していたら、いつの間にか何も意識せずに世界進出していた」ということになります。自分が考える以上の広がりを持って、作品が広まり、知名度が高まり、そしてファンも世界中に広がっていくのです。動画配信プラットフォームの契約者数は引き続き伸びていることから、こうした流れは今後も促進されていくことが予想されています。
 
では、こうして世界中に知名度が広がり、ファンが増えたとして、その状況をどう生かすのがよいか。これは俳優さん次第ですが、もう一段大きなチャンスを掴み取りたいと思うのであれば、ハリウッド映画やアメリカのドラマへの出演などにチャレンジしたくなるのではないかと思います。そして、ここで問題になるのが英語力です。
 
桐谷美玲さんは、英語が話せないので、インタビューなどの受け答えも全て日本語で行っています。ドラマ「アンダーウェア」が世界に配信され、知名度や世界のファンを生かして、今後新たなチャレンジをしようとしても、言語が壁になって、新たなチャレンジの障害になっているのではないかと思います。このままだと、一般的な日本の売れっ子女優として、そのキャリアを終えることになる可能性が高いです。
 
もちろん、売れっ子女優になるのは大変で、その地位を射止めた桐谷美玲さんはすごいのですが、もう一段上のチャレンジ、つまり「世界的女優」となってほしいと期待したくなります。
 

短期集中で英語力をつけて世界を目指す方法

桐谷美玲さんは、高校一年生でデビューしてからも高校に通い、その後フェリス女学院大学を7年かけて卒業しています。高校と大学で英語の学習は続けていたでしょうが、大学卒業に7年かかったということは、集中した英語学習は行えていないでしょう。つまり英語の基礎力は弱いだろうと推察します。
 
言語は、だらだらと長く学習しても成果がでません。期間を決めて短期集中的に知識を入れ訓練し、英語力の基盤を作ることが、まずはじめに最も大切なことです。そして、そのように作った基盤の上に、日々の学習を続けていくことで学力の維持とさらなる向上ができます。
 
そんな桐谷美玲さんにおすすめしたいのは、ライザップイングリッシュです。
 
桐谷美玲さんのように「大学まで卒業したが、仕事が忙しくて学んだ英語を使えるようになっていない」人は、芸能界でなく一般社会にも非常に多くいます。よって、仕事が空いたタイミングで、2カ月もしくは3カ月と期間を決めて、短期集中的にひたすら英語学習をするのが最も効果的です。
 
英語の基礎力が弱いとしても、大学まで進学しているということは、初歩の文法と、初歩の単語は頭に入っているはずです。よって、これらを再び思い出しつつ、使える状態になるまで特訓する、そして一般的に必要なリスニング力やリーディング力を鍛えていく流れになります。
 
当サイトでは、桐谷美玲さんが、日本の人気女優という地位に安住せず、英語力をつけて世界に羽ばたいていく日を、首を長くしてお待ちしております!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!