英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

新入社員こそ英語で自分を差別化しよう


新入社員となられた皆様、おめでとうございます。長い職業人としての人生の始まりですね。社会人になることを称して「40年間の刑期が始まる」などという方も多いと思いますが、自分にとって良い立ち位置を作ってしまえば、仕事は「楽(らく)」ではないが「楽しい(たのしい)」ものになり得ます。この、自分にとって良い立ち位置を作るために使えるスキルが英語です。
 

英語をやらない理由=間違った時間配分

英語をやらない理由=間違った時間配分
一部の「社員みな英語がペラペラ」という会社を除けば、多くの企業では、英語を話せる人のほうが少数派です。これだけ英語が必要と言われており、義務教育+高校+大学で英語を学習したにもかかわらず、英語を話せる人口はさほど増えていません。
 
「グローバル化」「企業の海外進出」「日本の人口減少」「英語人材のニーズ急増」など、英語を学習すべき理由は山のようにあるのです。日本の勤勉な人材はなぜ英語学習をしないのか。その理由は「時間配分を間違っているから」です。
 

「重要性」と「緊急性」で物事を考える

ここでは、日々の仕事やキャリア形成について、2つの軸で考えてみます。「重要性」と「緊急性」です。
「重要性」と「緊急性」で物事を考える
まず「重要性」とは、仕事や職業人人生において大切なことです。例えば、重要なお客さんでトラブルが起こったら、それの火消しはとても重要な活動です。明日の提案資料をしっかりしたものにするのも重要です。毎週の社内報告資料をきちんと作成することも重要ですね。逆に「重要でない顧客からのクレーム」は重要ではありません。
次に「緊急性」です。トラブル対応は緊急性が高いので、急いで対応することが求められます。逆に「会社の飲み会」や「社内クラブ活動」は緊急性は全くありません。
 
まず、一番重要でないものは4番です。会社の飲み会や車内のクラブ活動は、社内での人脈を作ったりする上では役に立ちますが、仕事の能力とは直結しないものです。毎日毎日飲み歩いている人は、本当に大切な能力を学習する時間を自分で奪っているようなものです。
 
次に重要でないのは3番です。3番は多くの人が錯覚する自体が多くあります。「緊急性が求められる=重要だ」と勘違いすることが多いのですが、実は急ぎ急ぎというのは相手の単なる要望で、実際には放置しても、または遅らせても問題なかったということがあります。仕事は最も近道の方法で行うべきです。地道に努力して1000時間かけて100万円の売り上げをつくるよりも、1時間で100万円の売り上げを作るほうが賢いのです。3番は仕事をしていて、大変な思いをして、何か達成した気分になるが、実は一番遠回りしていることになります。
 
2番目は重要です。しかし1番重要ではありません。現在直面している重要な事柄で、かつ急いでやらなければいけない仕事です。今この瞬間、1年後、2年後という観点では重要なものは多くありますが、現在直面している仕事が10年間、20年間の成功に直接的に影響することは少ないです。
 
そして最も重要なのは1番です。「緊急性がないが重要な物事」です。この1番のものは、「それなりに時間がかけないと習得できない」「基本的に、誰かが『やれ!』と急かしてくることはない」のが特徴です。誰からもやれと言われない、時間がかかる、要は面倒な物事です。しかし、面倒な物事を時間をかけて習得したときに、はじめて他の人は持っていない能力を手にすることになります。
 

スポンサーリンク

英語=1番重要なものと思って取り組む

英語=1番重要なものと思って取り組む
新入社員、また若手の社員の皆さんにお伝えしたいのは「若さはいずれなくなり、より能力が問われてくる」ということです。若いうちは「まだ1年目だから仕方ない」「まだ入社3年目だから仕方ない」「まだ20代だから仕方ない」と許容してくれることが多くありますが、これが30代になると「30代なのにこれしかできないのか」と、仕事の質の低さ、能力の低さについて言い訳ができなくなります。
 
仕事の能力というのは、今携わっている仕事をこなすだけでなく、「今携わっている仕事をどれだけ広げられるか」も含まれます。言われていることをやるだけではなく、自分の能力をフル動員してビジネスを成長させるのです。ここで、英語ができる、できないは大きな違いにつながってきます。英語ができないと、日本語しか話せない人たちの集団の中で埋もれて、その中でどんぐりの背比べをすることになるからです。差別化がしにくいのは当然です。そうなるのではなく、「英語を早く習得し、仕事の幅を広げ、チャンスをつかむ。またはチャンスを作っていく」ことが、あなたの差別化につながります。
 
仕事で忙しかったり、勉強する時間がなかったりと色々と言い訳がしたくなることも分かりますが、まずは「英語は一番重要だ」と取り組むことから始めてみませんか?
 
もし学校に通う時間がなければ、当サイトおすすめの教材を利用できますし、短期間でがっつり英語力を伸ばしたければライザップイングリッシュという選択肢もあります。ぜひ、埋もれない能力を付けて伸ばすために、若い時間を有効に使ってください。時間が過ぎるのは本当に早いです。20代を有意義に過ごされることを祈っています。

スポンサーリンク

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

*

トラックバックURL: 
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!