英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

ドイツ企業で働きたい!しかし必要だったのは英語だった神田さん26歳(仮名)


ドイツ企業で働きたい!しかし必要だったのは英語だった神田さん26歳(仮名)

今回はドイツ系の化学メーカーで働く神田さんにお話を聞きました。
 
(編集部)
本日はよろしくお願いします。早速ですが、神田さんの経歴について教えていただけますか?
 
(神田)
はい、私は3姉妹の真ん中、次女として生まれました。生まれも育ちも関西ですが、大学は推薦で関東の大学の理工学部に入りました。
 
(編集部)
推薦で大学入学とは成績が良かったんですね。
 
(神田)
母が工学部の大学教授で、工学系の素晴らしさについてよく語っていました。母はよく「文系は二流の学問、理系は一流。理系に行けば理系就職に困らないし、文系就職も可能」とよく言っていました。いま考えると、相当偏っていますが(笑)、おかげで高校生の時は理系科目にしっかり取り組みました。3姉妹みな理系ですね。
 
(編集部)
大学ではどのようなことに取り組んだのですか?
 
(神田)
メガフロートという、海の上の巨大浮島の研究をしていました。例えば、関西空港や羽田空港は埋め立てで作っているのですが、もしこれをメガフロートで作ると、地盤沈下が起こらず、環境への影響も少なく、そしてコストも安いんですね。ただ、実現性にはまだ課題があって、実現してはいないです。学部の研究室も、大学院(修士)の研究室でもこれをやっていました。
 
(編集部)
メガフロートを研究した後、大学院を出て就職をされたのですね。
 
(神田)
はい、そうです。私の父は小さな貿易会社を経営していて、ドイツから日本に物を輸入して販売する仕事をしています。父がよくドイツに連れて行ってくれたのですが、ドイツの景色の美しさ、人の優しさ、そして都市の洗練された感じに魅了されて、「いつかドイツで働きたい」と思うようになりました。大学の第二外国語ももちろんドイツ語です。
 
しかし、就職するときになると、ドイツ語というのは基本、評価されないんですね。ドイツの自動車メーカーとの面接で、「ドイツ語力があるのはいいのですが、当社はドイツ人も含めて基本英語ですね」と言われ、結果として落ちてしまいました。「そうか、頑張ってやったドイツ語は世間で評価されないのか」と相当がっかりしました。
 
(編集部)
そこから英語の学習を始めたのですね。
 
(神田)
大学は推薦で入ったものの、英語だけが最後まで苦手だったんです。特にリスニングが全然だめでした。当時TOEICはリーディングは300点くらい取れるのですが、リスニングが本当にダメで150点くらいでした。合計450点ですが、バランスが悪いですよね。
 
(編集部)
では、どのように英語を学習されたのですか?
 
(神田)
最初にTOEICのリスニング教材を買いました。しかし、早すぎて私にはちょっと無理だなと思いました。考えると、大学と大学院の間、英語を聞く、話す機会は全くなかったのです。まずは、耳が慣れる必要がある、そしてシャドーイングの練習をして聞きながら話せば上達も早いだろうと思い、教材を探して、「7+ English」という教材を買いました。
 
(編集部)
使ってみていかがでしたか?
 
(神田)
文章、いや例文はもう本当に簡単なんです。TOEICリーディングでそこそこ点数がとれているので、買った直後は「簡単な文ばかりで失敗した」と思いました。しかし、何度か繰り返してやっているうちに、「簡単な英語を目で読むのはできるが、耳で聞いたら分からない。自分はこういった易しいレベルからやらないといけないんだ」と納得して、その後真面目に取り組みました。
 
使い方としては、文章をざっと黙読した後、ひたすら耳で聞いて、シャドーイングするの繰り返しです。電車で通学する時は、音声をスマホで聞きながら、小さく口をパクパクされて、シャドーイングもどきをしていました。ちょっと変な人ですよね(笑)。
 
「7+ English」は、しつこく復習させる構成になっているので、「また同じ例文きたな」と思いながらも、何度も何度もやりました。
 
(編集部)
効果はありましたか?
 
(神田)
耳が英語に慣れてくると、英語を聞くことに対する抵抗感がなくなります。例えば、CNNとかのニュースも、詳細は分からないが、耳で拾える単語は圧倒的に増えているんですね。「何となく、こういうニュースかな」という察しがつくようになりました。
 
就職活動中で、時間的猶予がないので、「7+ English」は2週間で終わらせて、その後TOEICの公式問題集でリスニングをやりました。結果、次のTOEICではリスニングの点数が倍になりました。リーディングが350点、リスニングが300点、合計650点です。驚きました。
 
(編集部)
それだけ集中して学習する姿勢が素晴らしいです。
 
(神田)
日本にあるドイツ系の企業ってそんなに多くないんですよ。その中で理系バックグラウンドを生かせるポジションで、給料が良さそうな大手、となると、さらに限られる。なので、毎度勝負という感じでした(笑)。最終的にドイツの化学企業大手から内定をもらって、今もその会社で働いています。ドイツに出張に行く機会もあり、またドイツの同僚と電話会議することあり、英語力も、そしてドイツ語力も発揮しています(笑)。目下の目標は、ドイツ本社に異動して、ドイツで働くことです。
 
(編集部)
最後に、英語学習者にアドバイスをお願いします。
 
(神田)
私もまだ英語力は十分でありません。ドイツ人の上司からも、「もっと英語力つけようね」と言われており、毎週英語のレッスンを受けています。ただ、大学院生の時に比べればずいぶん上達したと思います。
 
私は「英語できないと就職がまずい」と思って、ある意味追い込まれていたのが良かったのかもしれません。何かしら強い目的意識、それも「どうしてもドイツ系の企業に入りたい」といった具体的な目的意識を持つのがよいと思います。
 
私の彼氏は、日系の電機メーカーに勤めていますが、「英語、話せるようにならないと、まずいよね」と言いつつ、仕事で英語を使う場面もなく、特に困っていないので、「勉強しなきゃ」と口で言うが、全然勉強していないですね。切迫した目的意識がないと、勉強ってできないんだと思います。
 
切迫していない状況で、目的意識を作るのも大変ですが、そこをどう工夫して乗り越えるかが学習のカギだと思います。
 
(編集部)
本日はありがとうございました。

退職後、63歳から英語を始めた富永さん(65歳/男性/仮名)


退職後、63歳から英語を始めた富永さん

今回は、シンガポール旅行で衝撃を受けて、英語学習をはじめた富永さんからお話しを伺うことができました。
 
(編集部)
今回はお時間ありがとうございます。早速ですが経歴をお教えください。
 
(富永)
出身は石川県ですが、その後、父の仕事の関係で北海道に住み、以後ずっと北海道です。高校卒業後、地元の消防に入り、以後40年以上消防署で勤務してきました。
 
(編集部)
消防のお仕事とは、どのような内容ですか?
 
(富永)
若い頃は、みなさんがよく頭に思い浮かべるような消防士の仕事、つまり火事があれば現場に行って火を消す仕事をしました。火事になった家に入って、逃げ遅れた子供を助けて、人工呼吸して蘇生させて、後で親御さんに本当に感謝されたのは嬉しかったですね。
 
40歳くらいからは現場を離れて、点検の仕事がメインになりました。つまり、大型のショッピング施設、飲食店、映画館などできちんと防火対策がされているか、避難経路が確保されているかを検査して回る仕事です。人と会うのが好きなので、楽しい仕事でした。
退職したのは5年前の60歳のときです。
 
(編集部)
英語を使うことはなかったのですか?
 
(富永)
全くなかったですね。北海道も札幌だと外国人も多いと思いますが、私が住んでいる市は人口は少ないですし、外国人観光客も少ないです。外国人を見かけると「今日、どこどこで外国人見ちゃった」と話題になるような土地です(笑)。
 
(編集部)
外国との交流や憧れがあったのでしょうか?
 
(富永)
実は昔、私は船乗りになりたかったんです。父親が第二次大戦までは商船の船乗りしていて、私が幼い頃は戦前の外国の話をよくしてくれました。ただ、船乗りは危険も多いし生活は不規則、家族と会う機会も少ない、ということで船員を諦めて消防に入りました。
 
その後は、仕事と3人の子供を育てるのに忙しく、なかなか海外にいく機会もありませんでした。初めてパスポート取って海外に行ったのが、63歳の時です。
 
(編集部)
どちらに行かれたのですか?
 
(富永)
シンガポールに行きました。驚きましたよ。顔は日本人と同じなのに、老いも若きもペラペラと英語喋るんですよ。英語が公用語なので、当たり前といえば、当たり前ですけど。逆に、シンガポール人のようなアジア人ができるなら、私も話せるようになるだろう、と勇気がでて、英語勉強することにしました。
 
(編集部)
それはいいですね。どのように勉強を始めたのですか?
 
(富永)
まず、対面型のスクールを調べましたが、結構値段がするんですよね。年金暮らしなので、費用は安くしたかったので、対面型はやめました。次にオンライン英会話を考えたのですが、全くの初心者にはオンライン英会話は向かない、ある程度話せるようになってからやるべき、ということで、これも選択肢から落ちました。
 
最終的には、費用が安い英語教材で初心者向けのもの、そして話す、聞くの練習がしっかりできるものを探して、「7+ English」を選びました。
 
(編集部)
この教材は当サイトでも一番評判がよいです。やってみていかがでしたか?
 
(富永)
いいと思います。似かよった例文をたくさん聞いて、声に出して話すことで、「こういう状況ではこう話す」という型が、頭に入る感じですね。同じような例文をたくさん頭に入れると、「ここの単語を入れ替えれば、別な場面でも使える」ということが自然と学べるのがよいですね。
 
(編集部)
応用力も一緒につくわけですね。
 
(富永)
まだ応用力と呼べる程の力がついたかどうか怪しいですが、3人の子供よりは英語話せるようになりましたよ(笑)。
 
外国人向けの道案内くらいならできるようになりましたよ。一年ほど前、カナダ人の旅行者に道を教えてあげたら、後から感謝状まで頂きました。また旅行に来てくれるそうで、嬉しいですよね。こういう人たちとfacebookでつながっていられるので、いい時代です。
 
(編集部)
差し迫った状況でないと勉強ができない方が多い中、どのように勉強されましたか?
 
(富永)
私はずっと昔から生活リズムが一定なのが良かったかもしれないですね。6時に起きて、11時に寝るという生活を20年は続けています。退職してからは、午後は近所の喫茶店に毎日2時間はいて、新聞を読んだりしていたのですが、この新聞を読むのをやめて、英語の勉強をすることにしました。英語を始めたら新聞代が節約できました(笑)。
 
(編集部)
最後に、シニアの方でこれから英語の学習を始める方にアドバイスをお願いします。
 
(富永)
私はようやっと道案内ができる程度なので、知ったようなことは言えませんが、まず始めてみることだと思います。
 
「何をこの年になって英語なんて」とか、「別に困ってないのに」とか、「新しいことに踏み出さない言い訳」「やらない言い訳」というのは、たくさん出てくるわけです。やらないのは簡単ですが、やらないと何も得られないでしょう。失うのは少しのお金だけなので、やらない理由はないんです。退職した後であれば、時間は腐るほどありますから。
 
先日、孫が「じいちゃん、この曲知っている?」と教えてくれた、Bebe Rexhaという若い歌手の「No Broken Hearts」という曲にこんな一説がありました。
 
We only got one life, so let's go hard till the day we die
(人生は一度きり、だから最後の日まで一生懸命生きよう)
 
皆さんも、年齢を言い訳にしないで、一生懸命やりたいことをやって、楽しく生きましょう。英語が良いのは、単に勉強して終わりの自己満足ではなくて、人の輪が広がったり、誰かの役に立つところです。もし、そうしたお気持ちがあれば、英語を選ぶのはよい選択です。
 
(編集部)
今日はお時間ありがとうございました。
 
富永さんが英語学習を始めたのは、初めて海外旅行したとき、63歳だといいます。何十年も英語にふれていなくても、「やろう」という意志があれば、いつからでも学習を始められるという話でした。
 
シニアの皆様、ぜひ一歩踏み出して学習を始めてはいかがでしょうか。応援しています。
 
(このページを読まれた方に人気の記事)
シニア向けの英語学習法

オンライン英会話を半年続けたが、失敗に終わった中川さん(仮名: 38歳、男性)


オンライン英会話を半年続けたが、失敗に終わった中川さん(仮名: 38歳、男性)

今回は、当編集部メンバーの1人の大学生時代の同級生である、中川さん(仮名)にお話を伺いました。中川さんは、有名大学の経済学部を卒業後、大手不動産会社に入り、日本国内でショッピングモールの開発を行ってきた、という経歴になります。
 
(編集部)
中川さん、久しぶりです。今日はかしこまった形のインタビューになりますが、お願いします。まずは経歴を教えてください。
 
(中川さん、以後「中川」と略)
東京生まれ、東京育ち、今の勤務地も東京の中川です。中高一貫の高校を卒業した後で、東京都内の国立大学の経済学部に入り、その後、今の不動産会社に就職しました。15年、16年目くらいですね。
 
(編集部)
これまでどのような仕事をしてきましたか?
 
(中川)
ショッピングモールの開発をずっとやってきました。用地の取得、建築会社との交渉、テナントの誘致、などなど、やることはたくさんあります。ショッピングモールを作る、というのは何百億円というお金で動く、巨大プロジェクトです。
 
例えば、工場の跡地や、都道府県、市町村の所有している土地が売りに出て、土地が取得できたらプロジェクトチームを結成して、何年がかりでショッピングモールを作っていきます。不動産会社なので、メーカーではないのですが、「モノづくり」っぽいですよね。出来上がって、開業初日にお客さんがわんさか入っているのを見ると、すごい快感です。面白い仕事ですよ。
 
(編集部)
ショッピングモールはすべて国内でしたか?
 
(中川)
はい、そうです。首都圏もあれば、地方もありますが、全て国内です。地方にショッピングモールを作るとなると、オープン前の時期なんかですと、長期出張です。妻も慣れたもので、「地元のおみやげ、よろしくね」と送り出してくれます。
 
(編集部)
中川さんが英語をやり始めるきっかけは何でしたか?
 
(中川)
うちの会社は、ここ数年海外のショッピングモール開拓に力を入れています。こうしたプロジェクトには英語力がある人が任命されることが多いです。私は英語が苦手だったので、ずっと「海外チーム、いいなあ」と漠然と思ってきました。
 
海外事業が好調なので、今後会社として海外に注力していくことになり、国内の新規ショッピングモール開設がスローダウンすることになりました。将来を考えると、「国内でショッピングモール開拓やっていました」だけでは、ちょっと経歴的にまずいなと思い始めたのが、英語をはじめたキッカケです。
 
(編集部)
どのような英語学習を始めたのですか。
 
(中川)
オンライン英会話を始めました。会社にも英語トレーニングプログラムがあるのですが、会社のプログラムを使うと、上司にスコアや受講状況が全て筒抜けになるので、それは嫌だと思い、個人で契約しました(笑)。
 

中川さんが利用したオンライン英会話

中川さんが利用したオンライン英会話


 
(編集部)
オンライン英会話はどうでしたか?
 
(中川)
正直、全然ダメでした。私が試したオンライン英会話は、全てフィリピン人の先生です。先生はみな、無茶苦茶ポジティブで、元気な人が多いのですが、そもそも英語力が怪しい先生がいるのと、単に何となく話しているだけでは、話す力がつかない、と改めて気が付きました。
 
(編集部)
具体的にはどのような感じでしたか?
 
(中川)
私は大学受験をしてきているので、ある程度英語の基礎はあると思います。読み書きは遅いですが、頑張れば早くできるイメージだろうとは思います。しかし、話すと聞くが苦手なので、そこを鍛えたくてオンライン英会話を始めたのです。
 
1日25分の英会話を、毎日受けられるコースで、主に夜学習していました。夜、残業で帰宅が遅く受けられない日もありましたので、受講回数は週に3回程度でした。
 
(編集部)
定期的に時間を取って学習されていたのですね。素晴らしいと思いますよ。
 
(中川)
残念だったのは、講師自体の英語の発音や教え方がいい人もいれば、そうでない人もいます。オンライン英会話だと、「この先生いいな」と思っても、自分が受けたい時間には既に埋まっていたり、受講対象外の時間だったりします。そうすると、仕方なく別な先生を選ぶことになるのですが、先生が本当に良い先生かどうかって受けてみるまで分からないのです。だめな先生は、レッスンが始まって3分でわかります。
 
また、私は朝の5時から受けたいと思ったのですが、この会社だと朝の6時からレッスン開始なんですね。早起きして早朝の時間を有効活用する、というのはちょっと無理だったので残念でした。
 
(編集部)
先生の力量の差が激しい、人気の先生の予約が取りにくい、そして時間帯に制約がある、というのは、多くのオンライン英会話をやる人の悩みでもありますね。
 
(中川)
オンライン英会話では、お互い自己紹介して、その後フリートークをして、という流れだったのですが、毎度毎度自己紹介していると、さすがに飽きますよ。また、フィリピン人の先生は、ビジネススキルがない人が多いので、ビジネス英語にきちんと対応できる人が少ないのです。また、25分だとあっという間に終わってしまうので、じっくり発音の練習する時間はなかったです。
 
オンライン英会話は半年続けたのですが、結局だめだなと思い、やめました。私には合わなかったです。
 
(編集部)
その後、どうやって英語力をつけたのですか。
 
(中川)
まず、オンライン英会話の時間だけ英語をやろうとしてもダメだということが分かりましたので、移動中も勉強できる音源付きの教材を買おうと思いました。そして、基本的な英語、英文を繰り返しシャドーイングできるものがよいと思いました。読み書き文法的には簡単だが、しっかり発音しようとすると、それなりに繰り返して練習する必要があるものを選ぼうと思い、インターネットで情報を収集して「7+ English」という教材を選びました。
 
(編集部)
試してみていかがでしたか?
 
(中川)
例文を読んで、聞いて、シャドーイングして、という学習方法です。例文は私にとっては結構簡単で、単語のレベルも簡単でした。ただ、「文章が簡単」なので、「正しい発音で話す」ための練習に注力できて良かったと思います。「7+ English」では、同じ単元では、似たような例文をたくさん扱います。かなりしつこいくらいの繰り返しです。ただ、基本的な発音を叩き込むにはよかったと思います。
 
オンライン英会話は、夜帰宅してから受講していましたが、「7+ English」は、朝やるようにしていました。机に向かって発音練習です。その後、移動中に聞いて、再度発音の復習をしていました。
 
(編集部)
時間的に制約の多いオンライン英会話から、いつでもどこでも学習できる英語教材に切り替えて正解だったのですね。
 
(中川)
そうですね。私は「7+ English」を60日きっちりで教材を終わらせました。発音をしつこくやったので、ずいぶんと自信がつきました。会社の、来年の海外プロジェクトメンバーの選定のときには、手を上げてみようと思います。それまでにTOEICの点数を上げないといけないので、まだまだやるべきことが多いです。話す力もまだまだ鍛えようと思います。
 
(編集部)
最後に、英語学習者の方向けに一言お願いします。
 
(中川)
私のように、大学受験は突破したが、その後英語を使う機会がなかった、という人はとても多いと思います。いや、日本の大学卒業生の大半がそうではないかと思います。
 
受験英語ができる人は、ついつい難しいことから試してしまいがちなのですが、受験英語ができる人の多くは読み書き能力は高いが、聞くと話すが弱いんですよね。通常のTOEICで点数がとれている人も、リーディングとリスニングはできるが、スピーキングがだめ、という人も多いです。スピーキングの練習には、簡単な文章を使って、しっかり正しく発音できるようになることが重要だと思いました。いきなり高度な内容を話そうとしても、絶対にうまくいきません。
 
(編集部)
本日はありがとうございました。

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!