英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

魔法の言葉「Please」をもっと使ってみよう


魔法の言葉「Please」をもっと使ってみよう

昔、初めて海外旅行に行ったときのことです。父と二人で、イギリスに向かいました。はじめての飛行機で、それも国際線ということで大変緊張していました。
 
食事の際、フライトアテンダントに「Beef or Chicken? (牛肉と鶏肉、どちらがいいですか?)」と聞かれ、「Beef」と答え、牛肉の機内食をもらいました。
 
その後、一緒に飛行機に乗っていた父親に「ただBeef、と言うのではなくて、Beef pleaseと、pleaseをつけた方が親切。英語ができなくてもpleaseはつけられるだろうから、意識してつけなさい」といわれました。それ以後、pleaseを意識してつけるようにしています。
 
と、ここまでは昔話なのですが、英語ができる人も苦手な人も、pleaseという言葉はどこに行っても重要だと最近感じています。ここでは、please という言葉の持つ効能についていくつかお伝えしたいと思います。
 

1.お願いするときに親切心を伝える

上記の beef please の例がまさにそうです。「beef please」となると、「牛肉をください」「牛肉を頂けますか」と丁寧な言い回しになります。何か物事をお願いするときに、pleaseをつけるだけで親切になるのですから、大変簡単、便利で即効性のある言葉といってよいと思います。
 

2.無理なお願いを嫌味なくする

少し前にタイを旅行した時のことです。露店で定価200バーツのTシャツが売られていて2枚買おうとしたのですが、手持ちの現金がわずかに (2タイバーツ=8円程度) 足りませんでした。私はタイ語は話せないので、英語で、
 

I only have 398 baht, could you discount?
(198バーツしかないので、まけてもらえませんか?)

 
といったところ、No という回答。そこで、
 

Please! This T shirt looks very nice. I do want to have it.
(プリーズ!このTシャツはとてもよさそうなので、どうしても欲しいのです)

スポンサーリンク

 
と、やや大げさに伝えたところ、笑って、OKと言ってくれ、まけてくれました。これはあくまで一例ですが、pleaseという言葉は、英語圏でなくても通じる魔法の言葉といってよいかと思います。高圧的に「買ってやるんだから、2バーツくらいまけてくれ」というのではなく、pleaseを使うことで、頼み込む感じがでて、嫌味にならずに良いと思います。
 

3.冗談めかして話す、場を和ませる

不快な経験をした後、それを誰かに伝えるときに、「こういう不快な経験があった」とそのまま伝えると、場が暗くなってしまいます。例えば財布をなくした場合などです。もう済んでしまったことで仕方がない、明るく楽しく話すときに please は使えます。
 

I opened my bag, found nothing inside. My wallet was gone right after withdrawing my money from ATM. And said, "Please!".
(バッグを開いたら、中には何も入っていませんでした。ATMでお金をおろした後、財布はどこかに行ってしまいました。思わず、プリーズ!と言ってしまいました)

 
ここの please を冗談めかし話すと、重い話がコミカルな話になります。
 
なお、pleaseを文頭につけるか、文末につけるかは下記を参考にしてください。
 

  • 名詞にpleaseをつけるときは、文末
    (例)Beef please. (牛肉をください)
  • 動詞にpleaseをつけるときは、文頭
    (例) Please give me a bottle of water. (水を1本ください)
  • 疑問文につけるときは、文末
    (例)Can you buy a box of chocolate, please?(チョコレートを1箱買ってもらえませんか)

 
いかがでしたでしょうか。海外旅行に行くとき、プライベートや仕事で外国人の人と会う時、またネットで知り合った外国人と文字でやり取りするときなど、あらゆる場面で使えます。簡単ですので、さっそく使ってみましょう。

スポンサーリンク

英語名を持つということ


英語名を持つということ

日本以外のアジア諸国では、英語の名前を持っている人が非常に多いです。英語では「ビジネスネーム」といわれることも多いです。日本人にはあまり馴染みのない、この英語名について考えてみましょう。
 
なぜ英語ネーム?
 
では、そもそもなぜ英語名が必要なのでしょうか。最も大きい理由は、「名前を覚えてもらうため」です。アジア諸国の人々の名前は他国の人からすると覚えにくく、発音しにくいです。
 
日本人が台湾人の名前を覚えて発音するのも大変ですし、ベトナム人がタイ人の名前を覚えるのも大変だったりします(ちなみにタイ人は名前が長い人が結構多いですが、長い名前の人は、大抵短いニックネームを持っています。英語名が普及しないのは、短いニックネームで充分だからでしょう)。
 
英語名を持つ別な理由としては、「自分の名前が間違って呼ばれるのが嫌だから」というのもありました。私の仕事上の友人に浩一郎さんという人がいますが、彼の名前のスペルはKoichiroになります。コウイチロウ、ではなく、コイチローと呼ばれるのにうんざりして、英語名をつけていました。
 
「なるほど、こういう理由もあるのか」と驚いたのは、とあるタイのビジネスマンでした。
 
名前を英語表記すると、名前の一部に「Porn」(英語でポルノの意味)が入るのが嫌で、Tomという名前をつけていました。
 
それから、英語名が通称ビジネスネームとも呼ばれるのは、ビジネスでは自分の名前を覚えてもらうことがあらゆる場面で重要性が高いから、ビジネスマンからまず先に英語名が普及したのだと思います。ちなみに、私がこれまで仕事上で出会ったなかで、英語名を持っている率が多かったのは、台湾、シンガポール、マレーシアです。逆に少なかったのは、ベトナム、タイ、韓国、中国です。
 
ちなみに、英語名は「名前」にだけ付けます。名字にはつけません。なので、「John Toyokawa」、「Amy Nakata」、「Jacky Lee」、「Angel Logavit」というようになります。
 

スポンサーリンク

どう自分の英語名を名付けるのか?

英語名を持つ理由が、名前を覚えてもらうため、なので、誰にとっても分かりやすい名前を付けているひとがほとんどです。これまで個人的にあってきた中では、Sarah, Robert, Angel, Max, Paul, Chrisなどがいました。
 
英語圏で昔からよくある名前をつかっている人がほとんどです。込み入った名前にすると、名前を覚えてもらえる確率が減るので、ある意味当然ともいえます。
 
では、どの英語名を自分の名前として選択するか、となると、驚くことにみなさん非常に適当です。私の友人の台湾人、李さんは「会社に入ったらAlexという名前を会社に勝手につけられて、それ以来ずっと使っている」というものでしたし、他には「好きな俳優がロバート・デニーロなのでRobertにしている」「子供の頃通っていた英会話教室でつけられたEricという名前をずっと使っている」などがありました。
 
要は覚えてもらいさえすればよいので、自分が愛着がもてて、かつ分かりやすければ何でもいいと言えます。さきほどの浩一郎さんは、自分にDavidという英語名をつけていました。その理由は、「Davidってなんとなくかっこいいと思ったから」という理由でした。
 
ちなみに私も英語名を持っています。Albert、通称Al(アル)です。私の場合は短い名前が良かったので、アルにしました。適当ですよね?
 
面白いのは、英語名しか知らないでいると、付き合いが長くても、彼、彼女の本名を知らないというケースが非常によくあることです。名刺をもらったのも英語名、Facebookや、ビジネスSNSのLinkedinでも英語名、LINEやFacebookメッセンジャーでやり取りするときも英語名、となると、本名を知る機会がありません。同じ会社の社員であってもそうです。
 
以前、ベトナムの同僚が日本に来る時のビザの手伝いをして、はじめて本名を知って驚くことが何度かありました。
 

「英語名を持つということ」まとめ

英語名という考え方自体、名前を覚えてもらう、という利便性から来ている考えです。英語名を持つことに非常に抵抗がある方も多いと思います。持つ、持たないはもちろん自由です。ただ、自分の名前が外国人には読みにくくて覚えてもらいにくい、といった不都合に直面したタイミングで、英語名を持つことを考えるのも面白いかもしれません。さて、あなたなら、自分に何という英語名をつけますか?

スポンサーリンク

外国人の友達の作り方


外国人の友達の作り方

英語を話せるようになるには、英語を話せる人と友達になるのが一番、とよく言われます。
 
また、外国人の友達からは、日本人とは違った文化や物事に対する理解を聞くことができ、刺激的でもあります。とはいえ、外国人の知り合いが1人もいないので、新たに作りたいという人も多いのではないかと思います。ここでは、「どうやって外国人と友達になるか」をご説明いたします。
 
前提として、
以前外国人の友人から聞いたのですが、「あまり親しくない人から『毎週、無料で英語を教えてほしい』と言われることほど、鬱陶しいことはない」とのことです。自分が友達になりたいと思っても、相手が友達になってくれるとは限りませんし、一見フレンドリーに接してくれても、本当に友達と認識してくれているかは別です。
 
英語を教えてもらうのであれば、よほど親しいのではなければ、授業料や交通費、コーヒー代などは払ったほうが良いですし、お金を払わない代わりに別なものを提供する(例:日本語の練習に付き合ってあげる、相手が困っていることを助けてあげる)などするようにしましょう。Give and Takeがとても重要です。当然ですよね。
 
あとは女性で注意した方がいいのは、外国人男性の一部で複数の女性と付き合う事だけを目的にしている「ナンパ師」のような男性がいることです。もちろん全てがこういう人ではないのですが、気を付けましょう。
 

外国人の友達が欲しい理由を考えてみよう

さて、あなたはなぜ外国人の友達が欲しいのでしょうか?英語の勉強のため?彼氏or彼女探し?一緒に遊びに行きたい?趣味の話がしたい?目的によって探し方も異なります。
 
私の友人の女性は、外国人の彼氏が欲しいと思って、クラブ通いをして外国人の男性を探していたのですが、クラブで知り合う外国人の男性は遊び友達としてはよいのですが、交際したいと思える人がいなかったそうです。
 
彼女は方法を変えて、自分の写真つきのブログを英語で書き始めたところ、10歳近く年下のアメリカ人男性と知り合い、その後男性が日本に何度か旅行に来て、お互い信頼できるようになってから、結婚してアメリカに住んでいます(ちなみにこれが成功したのは2000年代中盤で、ブログが今ほど多くなかったことが成功の要因ではないかと思います)。
 
友達と一言でいっても、友達になりたい理由を突き詰めると、どういう方法で友達を探すかのアプローチは当然異なります。この例の場合、「オフライン(クラブで直接会う)」から「オンライン(ブログを書いて知り合う)」、そして「オフライン(直接会って交際する)」という形で目的を達成しています。
 

オフライン(直接会う)かオンライン(ネット上)か

さて、上記の例も参考にしながら、自分は「オフライン(直接会う)で探すか、オンライン(ネット上)で探すか」を考えてみましょう。直接会って話をしたい、一緒にご飯を食べたい、というのであればオフラインで探した方が良いでしょうし、FacebookやLINEなどでやりとりをしたい、というのであればオンラインになります。
 
もちろん、上記の例の女性のように、最初はオフラインで探していたが、なかなかうまくいかないので、作戦変更してオンラインで探す、という事もあるでしょうし、その逆もあると思います。
 
オフラインの友人探しは圧倒的に東京、大阪といった大都市が有利です。そもそもの外国人の数が多いですし、イベントなども多数開催されているからです。
 
地方都市や過疎地にお住まいの方は、そもそも住んでいる地方自治体にいる外国人が少ないので、オフラインで探すのはかなり困難といえるかもしれません。地方に住んでいる人ほど、オンラインで探す方が効率的だと思います。オンラインで仲良くなれば、機会を見て、オフラインで会いに行くこともできます。
 

オフラインで友達を作る方法

1. 友達に紹介してもらう
外国人の友人がいる日本人の友人に紹介を依頼しましょう。一緒にコーヒーを飲む、ご飯を食べる機会を作ってもらって、会話して、お互いフィーリングがあれば、その後連絡先を教えてもらって、今度は直接会うのがよいと思います。最初のうちは、紹介をしてくれた日本人の友人の顔を立てて、友達づきあいするのがよいでしょう(これは世の中の、あらゆる友達づきあいに共通しますね)。
 
2. 外国人が多く参加する、趣味のグループに参加
私の友人は会社の同僚(イギリス人)に勧められてマラソンを始めたのですが、その際に外国人が多数参加するマラソンクラブに参加しました。東京に住んでいる外国人が多く参加するマラソンクラブで、英語を話す意思があれば参加は歓迎とのことでした。彼はそこでマラソンの魅力に目覚めるとともに、多くの外国人の友達を作ることができました。
 
マラソンに限らず、こうした趣味のグループは多数ありますので、ネットで探して参加してみるのがよいと思います。趣味という共通項があると、仲良くなるのも早いです。
 
3. 大使館イベント
これは東京などの大都市でのみ使える方法です。各国の大使館が文化交流などの名目でイベントやパーティーをやっていることがあります。こうした場に参加したり、お手伝いなどすることで、その国の人たちと仲良くなるチャンスがあります。私の知人も、ドイツ語の勉強のため、ドイツ大使館のイベントに参加して、ドイツ語を話す友人を多く増やしていました。
 
4. 大学のESS(大学生限定)
大学生限定で使える方法です。多くの大学ではESS (English Speaking Society)、もしくは類似した名前の英語を話す人たちのグループがあります。英語がぺらぺらな人から、勉強中の人もいますが、このグループは英語しか話せない留学生の支援などをやっていることもありますので、外国人と知り合う機会を容易に作ることができます。
 

スポンサーリンク

オンラインで友人を作る方法

1. Facebookのグループに参加
Facebookでは、様々な言語や興味関心を持つ人が、色々なグループを作っています。公開されているグループもあれば、申請してOKがでたら参加できるグループ、または紹介限定などさまざまです。
 
公開グループや、申請が必要なグループは参加が容易ですし、多くの人数が参加しているグループであれば、大抵交流会などもやっていますので、直接会える友達をつくりたい場合は、これが一番手軽で近道です。私も「台湾に興味がある人」が集まるグループや、「韓国に興味がある人」が集まるグループで、年代の違う人と友達を作ることができました。
 
2. Twitterで興味関心がある人とやり取りする
Facebookと同様に、Twitterでも多くの人がコミュニケーションを取っていますが、TwitterはFacebookと違ってグループというものがありません。よって、興味がある人がいればフォローして、次第にメッセージをやり取りして仲良くなっていく、というのもありではないかと思います。
 
ただ、Twitterは匿名の人が多いので、あえてTwitter上で友達を作りたくない人も多いので、要注意です。Facebookのグループ参加よりはやや遠回りですが、Facebookとは別種の、大変面白い人たちも中にいるのがTwitterの魅力です。また、有名人などとTwitter経由で友達になるのはまず無理ですので、それはあきらめましょう。
 
3. ブログを書く
専門的な内容、趣味などについて情報発信すると同時に、同じ分野の友達を作りたい、という場合は、ブログを書くこともおすすめします。しかしながら、10年前と比べて、ブログが氾濫する今、よほどの上質な文章を英語でかけないと、友達を作るレベルに至るのは難しいと思われます。少し遠回りな方法です。
 

友達を作るのにあまり良くない方法

1. 教会
キリスト教の教会で「英会話を教えます」という表示を見たことはありませんか?これの多くは、キリスト教の一派であるモルモン教の教会であることが多いです。(念のため、モルモン教は、穏健派のキリスト教の宗派で怪しい宗派ではありません。なおモルモン教は正式には「末日聖徒イエス・キリスト教会 (The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints)」といいます)世界中に伝道活動に出ている若い男女が、布教の一環として英会話を教えています。
 
真剣に英会話を学ぶのであれば、こうした教会に通うのもよいかもしれません。しかし、単に友達を探すのであればおすすめしません。彼らの目的はあくまで「モルモン教を世界に広める」ことにあり、「友達を作る」ことではないからです。「真剣に英会話を習っている過程で仲良くなって、結果友達になる」、もしくは「彼らと交流した結果、モルモン教に入信して、同じ信徒同士の付き合いがはじまる」といったことはあると思いますが、「友達が欲しいから来ました」では続かないと思われます。
 
2. ビジネス
欧米系の人は、ビジネスとプライベートをはっきりと分けたがる人が多いように思います。私が前職で働いていた時、複数の人から「会社の人とは一切Facebookでやり取りをしない。そうした人とはLinkedin (ビジネスSNS) でやる」と聞かされたことがあります。もちろん、ビジネスをしていく中で結果的に親しくなることはありますが、ビジネスで数度しか会っていない、深い付き合いをしていない中で、「友達になりましょう、プライベートで会いましょう。Facebookでやり取りしましょう」と言うのはやめたほうがよいです。
 
3. 英会話の先生
冒頭で上げた例のように、英会話の先生と個人的に仲良くなりたい人は多数いますが、英会話の先生からすると「英語をただで勉強したいから、そうしたことを言ってくる人だ」と思われるリスクがあります。お金を払って個人的にレッスンを受けていく中で、仲良くなって、結果友達になりました、であれば問題ありません。
 
しかし、英会話の先生は、ビジネスとして、仕事として英語を教えているのです。友達を作りたいから、ではありません。英語を教えている人に「友達になりましょう」ということは「ただで英語を教えてください」と解釈されるので、要注意です。
 
さて、いかがでしたでしょうか。外国人の友達との付き合いは、日本人の友達とはまた別種の興味関心や好奇心を刺激してくれると思います。ぜひ、色々な方法でトライアンドエラーしてみてください。

スポンサーリンク

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!