英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

訛りを気にしてはいけない


訛りを気にしてはいけない

「シンガポール人の英語はSinglishでなまっているんですよね?私は訛っていないちゃんとした英語を学びたいです」といった話を先日聞きました。残念ながらこうした人のほぼ全ては、英語が全く、もしくは少ししか話せない人でした。何故でしょうか。
 

きれいな英語を勉強できないことを言い訳に、勉強しない人たち

上記のSinglish訛りが嫌だ、といった方は、英語が全く話せないだけでなく、そもそもシンガポールに行ったこともありませんでした。海外に行ったことは、一度ハワイに行っただけのようです。「英語を勉強しないんですか?」と聞いたところ、「日本の学校での勉強は訛りの多い日本人の先生か、あまり優秀でない外国人の先生なので、嫌なんです」とのことでした。
 
この話を聞いて、私はこの方が英語ができない理由がすぐに分かりました。「完璧な英語学習環境がないと勉強するのは嫌だ」と理由をつけて、勉強に熱意がない、または勉強しない理由の言い訳をしているのです。この方は続けて、「かかるお金を考えるとなかなか良い英語学習環境はない。英語圏の留学は高い。フィリピン留学はフィリピン人の訛った英語を教わることになるので嫌だ」と延々と今勉強しない理由を並べていました。
 

スポンサーリンク

英語は通じることが重要

楽天は2012年から、社内での英語化を推し進めましたが、これに反対する人の多くは、「三木谷社長の英語スピーチも間違いがあり、発音が訛っている」と言い始めました。要は揚げ足取りです。
 
しかし、楽天は英語化のおかげで、これまで採用が難しかった英語は話せるが日本語を話せない優秀なエンジニアを多数採用することに成功しました(このおかげで私の前職の同僚も転職していきました)。世の中で評価される人は、「英語ができないのに、英語ができる人をからかう人」ではなく、「訛りがありながらも英語ができる人」です。
 
そうです。訛りがあるかないかという点は大した重要な点ではありません。例えば日本人はLとRの発音が苦手です。しかし、LとRの区別が苦手でも、大抵の場合文脈で区別がつきますし、聞き返されたら「Lead」なのか「Read」なのかスペルを伝えればよいのです。
 
シンガポールや香港が、アジアのハブとして栄えているのは、法人税が安い、地理的に重要な場所にある、法制度や司法が整っている、という理由もありますが、「英語ができる人材を容易に採用できる」ことも、ハブとして栄える上で非常に大きな理由になっています。
 
これが日本になると、そもそも英語ができる人材が少ないので、社内をすべて日本語化しないと、会社が回らないのです。これには大きなコスト、時間、労力がかかります。シンガポール人や香港人が多少訛った英語を話していたところで、そんなことは誰も気にしません。
 

ある程度のレベルまでは訛りは気にしない

もちろん発音は正しいほうがよいですが、正しい発音を気にしすぎることは、「重箱の隅をつつく学習」だと言ってよいでしょう。なので、我々は「まずは、正しい発音より、通じる発音でOK」と伝えています。読む、話す、書く、聞くをバランスよく伸ばして、「話す」の中の一カテゴリである「発音」にだけとらわれないように、注意しましょう。
 
これを間違うと、「単語の発音はきれいだが、意思疎通ができない人=英語のできない人」になってしまいます。
 
正しい発音を気にした方が良いのは、中級レベルより上です。英語をある程度使いこなせるようになって、さらに上を目指したいという場合に取り組めばよいのです。

スポンサーリンク

外国人を1日観光に連れ出そう


外国人を1日観光に連れ出そう

ひょんなことで知り合った外国人が日本に観光に来ることになった、という場合に何に気を付ければよいでしょうか。私はこれまで幾度となく外国人を観光に連れ出して、多くの楽しかった経験と失敗をしました。ぜひ一緒に学んでみましょう。
 

外国人を1日観光に連れ出だすときの事前準備5ポイント

1.期待、趣味嗜好を確認する
一言で旅行と言っても、何が好きか、何を見たいかを人によって大きく違います。日本文化と歴史の復習を一生懸命やったとしても、相手がショッピングに興味があるようであれば、色々なお店の場所を頭に入れておいた方がよほど役に立ちます。私の経験からすると、若い人ほど日本の歴史や神社仏閣についてはあまり関心がないです。年配の人の方が関心がある場合が多いです。
 
大抵、旅行のパターンは6つに分かれます。もしくはこの6つが「1と3と5」といった形で組み合わさります。よって、相手が何に興味があるかは頭に入れて、下調べをしましょう。
 

  1. 歴史、神社仏閣、博物館
  2. ショッピング
  3. アウトドア
  4. 遊園地
  5. 食べ物・バー
  6. 趣味嗜好 (アニメ用品、釣り用品、古本、IT機器、食器、クラブなど)

 
英語に訳すと下記となります。
 

  1. Historical sites, Shrines & Temples, Museums
  2. Shopping
  3. Outdoor activities
  4. Amusement park
  5. Food, bar
  6. Your hobby (Anime, Fishing, Book, IT gadget, Tableware, Clubbing, etc.)

 
これまで最も意外だったのは、ドバイに住むエジプト人の同僚が日本に来たとき、「日本は釣り用具大国なので、釣り用品をたくさん見たい」といって、何件も釣り用品屋さんばかり回ったという経験です。こちらとしては、釣り用品屋さんに連れて行って、放っておけばいいので楽といえば楽ですが、釣り用語や、魚の名前が分からず苦労した覚えがあります。
 
2.食事の嗜好を確認する
日本人はあまり食事の嗜好の確認をしませんが、外国人とどこかに行くときは非常に重要です。とても美味しい寿司屋さんを手配しておいたら、生の魚が食べられなかったとか、焼肉屋を手配していたらベジタリアンだったとか、こうしたことは実際にありえます。何が食べられて、何が食べられないかは事前に確認しておきましょう。英語だと下記のように聞きます。
 

スポンサーリンク

Do you have any food preferences?
(何か食べ物の嗜好はありますか?)

 
ちなみに、日本以外であまり食べられていないもの、例えば「海苔」「梅干し」「納豆」「明太子」などを食べる場合は、それが何であるかを簡単に説明できるといいですね。
 
3.Suica等の交通系ICカードを買っておく
もし相手がICカードを持っていない場合、毎度切符を買うのは面倒なので、事前に駅でICカードを買っておきましょう。費用をどちらが負担するかは事前に確認しておきましょう。
 
4.予定を立てる
相手の趣味嗜好に沿って、ざっくりと一日の予定を立てましょう。ポイントは「バックアッププランを持っておく」ことです。例えば、新宿にいって、東京都庁の展望台に行くとします。しかし、展望台を予定よりかなり早く見終わってしまったら、どうするか。この時に「近くにXXというカフェがあるからそこに行く」「西口に電気街を案内する」など、何かしらバックアッププランがあれば安心です。バックアッププランは、予備のプランなので、予定通り進めば実施する必要はありませんが、持っておくととても安心です。
 
5.レストランの予約をする
観光したい友人が行きたいところは大抵観光地です。ここ数年観光客が急増しているため、観光地、特に土日は非常に混んでいることが多いです。レストランは予約しておくことを強くお勧めします。予約せずに何とかなると思っていったら、何とかならずに、結局マクドナルドを食べることになった、というのは思い出に残る笑い話かもしれませんが、せっかくですから美味しいものを食べてほしいですよね。レストラン予約時には、友人の食べ物の嗜好を満たすものかどうかを確認しておくと親切です。
 

当日の注意点

準備をしっかりしておけば、当日は安心です。あとは楽しむだけです。人によっては、「ところ構わず写真を撮りまくる」「電車の中にて携帯で大きな声で話す」など、日本のマナーをきちんと理解していないが故に、周りから白い目で見られることがあります。まずいな、と思ったらすぐに伝えてあげましょう。

スポンサーリンク

あなたは落合信彦さんになれますか?


あなたは落合信彦さんになれますか?

国際ジャーナリストの落合信彦氏は、英語習得のためにまずやったのが、「辞書を覚える」ことだったそうです。「ロジェッツ・スィソーラス(Roget’s Thesaurus)」という類語辞典を買い、内容をまるまる書き取って暗記していった。まぁ、ここまでは分かりますよね。
 
ただ、落合信彦氏が凡人と違っていたのは、ここからです。彼は、2ページ分の辞書の記述を5回ノートに書き写したところで、そのページを破り捨てていたそうです。
 
彼は、この突き抜けた勉強法(と呼ぶにはぶっ飛びすぎていますが...)のおかげで、その語彙力はネイティヴ・スピーカーの同級生を上回り、物怖じすることなく現地人と議論することができたというから驚きます。
 
残念ながら、私のような凡人には、到底できる勉強法ではありませんね...
 
もし、私が彼と同じことをやったとすれば、覚えないし、教材はどんどん破られていくし、とまるでギャグみたいな話しになることは火を見るより明らかです(苦笑)
 
もうね、こういう凡人にはできないようなスペシャルな勉強法というのは、独学の極みみたいなものだと思うのですが、私は「独学」という言葉で思い出すことがあります。
 
それは20代の頃に会社の先輩とした会話です。
 
当時の私は独学で英語を勉強していました。で、すぐに壁にぶつかり、英語ペラペラの先輩に「先輩、独学で英語を勉強していても、全然突き抜けられないんですけど...」
 
先輩は言いました。
 
「おまえは、全然分かってねーな。逆だよ、逆。突き抜けるためには、独学しかねーんだよ。普通の勉強してて突き抜けられるかよ」
 
その後、先にご紹介した落合信彦氏の勉強法を耳にしたとき、この先輩の話しを思い出し、妙に納得したことを覚えています。
 
私は凡人です。凡人には凡人の勉強法があって然るべきです。そんなふうに開き直ったときから私の勉強スピードはアップした気がします。今思うと、それが私の中でブレークスルーになったのかもしれません。
 
あなたは落合信彦さんになれますか?
 
あなたは落合信彦さんのようになれるかもしれませんし、彼の当時の勉強法や考え方を知ることで、私のように「自分は凡人である」と開き直れるかもしれません。いずれにしても、興味がある方は彼の書籍を読んでみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

1 8 9 10
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!