英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

体育会の学生には英語学習がおすすめ


体育会の学生には英語学習がおすすめ

大学の新卒就職活動の時期に、一般の学生から羨望と妬みの両方で見られるのが体育会の学生です。
 
体育会の学生は、鍛えられた頑丈な肉体、厳しい上下関係に耐えてきたこと、そして数値で測られ明確に順位がつく競技で、勝つことを目指して努力してきた点が評価されますので、「XX大学サッカー部枠」といった形で、体育会の学生専用の採用枠が設けられ、一般学生よりも有利な就職活動をすることが多いです。
 
私も大学時代に、ゼミに二人体育会の学生がいましたが、一人は財閥系の海運会社、もう一人は電力会社にすぐに内定を決め、「体育会とはすごいものだな」と思いました。
 
先日、商社の人事部の方と会話したのですが、「体育会の学生は、体力と精神力、目標意識は強いが、創造力と英語力に欠けることが多い」と言っていました。つまり、目標が明確に示されている場合には一生懸命頑張れるが、そうでないは何をすればよいか分からずに困ってしまうことがあるという話です。
 
また、「体育会学生は、大学の名誉をかけてスポーツだけやっていればよい」という大学も多いため、授業は適当でも卒業できてしまう場合も多く、そうすると基礎的な学力、特に英語力に欠ける学生が多いのだそうです。大学には「スポーツ推薦枠」というものがあるので、高校時代も学業はあまり一生懸命やっておらず、大学にはスポーツ枠で入学、そして入学後もスポーツに明け暮れた、という方も多いでしょう。
 
体育会の学生、また体育会から企業に入社した若手社員におすすめしたいのは、この英語力を鍛えるという部分です。体育会の学生は体力、精神力、目標意識は強いので、例えば海外出張が頻繁に発生する仕事でも、その高い体力で十分に順応できる場合が多いのです。
 
そして、海外出張を繰り返して大変な状況でも、目標数字をなんとか達成するために一生懸命努力することができるのです。多くの場合で、足りないのは英語力だけなのです。
 
ただ、高校時代も、大学時代もあまり勉強してこなかった方も多いので、英語を始めると言っても苦労する場合が多いのです。体育会枠で就職もすんなり決まったので、TOEICを受けたことがないという方も多いです。
 
そこでお勧めしたいのは、恥ずかしがらず基礎の基礎から始めることです。
 
中学校レベルがきちんと理解できているかを確認し、そして高校レベル、その後はTOEICレベルへと徐々に目標を高めていきます。目標に対して懸命に努力することは慣れていると思いますので、例えば英検を3級レベルから受けなおして、準2級か2級がとれるようになったらTOEICへ移行してもよいでしょう。こうして小さな目標を作って、それを乗り越えることで英語力をつけていくのです。
 
英語に関しては多くの教材が販売されているので、自分が良いと思う教材があればそれを使ってもいいですし、当サイトで紹介している教材を利用してもよいかと思います。目標を立てて、それに向かい努力し、乗り越える。
 
そして、次にはより高い目標を立てる。つまりスポーツと同じですね。地区大会で勝ちあがると、都道府県ごとの大会、そして全国大会に進む、という感じです。
 
気を付けて頂きたいのはモチベーション維持です。
 
特にグループ競技をやっていた人の中には、集団だと頑張れるが、一人になると頑張る意志を強く持てない人が一定数います。こうした場合は、一緒に勉強する仲間を見つける、また「勉強カフェ」のような、周りがみんな勉強しているような施設を使って勉強する、ネットの学習コミュニティに入る、毎日ログをつけてFacebookやTwitterで公開する、など、自分に合った方法を見つけてください。
 
体育会学生、また体育会出身の会社員の方は、ぜひビジネスのフィールドでも「優勝」めざしてがんばってください!
 
英語教材おすすめランキング

スポンサーリンク

「海外インターンシップ」のウソ


「海外インターンシップ」のウソ

私は以前、アメリカを拠点とするITの会社で働いていました。有名な企業だったので、学生からも人気が高く、常にインターンシップの学生を受け入れていました。
 
インターンシップに来た学生は数か月間、ほぼフルタイムで勤務し、その後で雇用主と学生が双方合意すれば正社員として採用、もしどちらかが合意しなければ、学生は去るという分かりやすい仕組みです。
 
日本では、学生の就職前「インターンシップ」が有名になったのは2000年頃からだと言われています。主に春休みや夏休みの期間を利用して、1か月程度、オフィスでフルタイムで勤務してもらい、その間給料も払う。そして、1か月の期間が終わった後で、双方が合意すれば、入社が確定、もしくは極めて入社しやすくなる、というものでした。
 
しかし、2016年の現在では、「インターンシップ」という言葉が、本来の意味を失い、わけの分からない制度に変質しています。学生は「インターンシップに参加した」という経歴を履歴書に書きたいがために、インターンシップに応募します。その中には極めて短期間のもの、例えば1日インターンシップというものまで存在している有様です。つまり、インターンシップ先で真剣に職を得るために一生懸命働いて、能力を証明して、採用してもらおう、という本来の意味のインターンシップは、日本では極めて少ないのです。
 
そして、普通のインターンシップだけでは自分を差別化できないと感じた学生は、海外でのインターンシップ経験を「お金を払って『買う』」ようになりました。よくある海外インターンシップはこのようなものです。
 
・4週間
・アメリカやオーストラリアなどの英語圏
・語学研修と観光と「お客様向けインターンシップ体験」の混合
・提供されたプログラムをこなすので「パックツアー」と同じ
・費用は40万から60万円
 
果たしてこれをインターンシップと呼んでいいのか迷いますが、学生はこれに価値があると思って、親にお金をせびって参加しているのです。しかし、残念ながらこうした「お仕着せインターンシップ」には何の価値もありません。企業の人事も無能ではないので、それくらいは分かっています。
 
私の友人に、商社の人事部で働いている人がおります。商社は、一般的に海外志向が強い人が多く就職活動でやってくるのですが、こうした海外インターンシップ体験をした、という学生には、まず「費用はいくらかかりましたか?」と聞くようにしているそうです。 
つまり、お金を払って参加しているインターンシップには何の価値もないことが分かっているのです。ここで「参加費用が40万円で、航空券が15万でした」といってしまう人は、ほぼ不採用です。
 
お仕着せのプログラムにお金を払って参加する、それを経験と称することには何の意味もありませんし、評価もされません。「経験をお金で買ってドヤ顔しているが、その経験に価値がないことに気が付いていない哀れな学生」だと思われるだけです。
 
では、海外インターンシップに価値がないのか、というと違います。自分で問題意識を持ち、何をしたいか考え、インターンシップ先を探し、交渉し、その結果インターンに参加するのであれば、評価は全く違います。そこには「自分は何ができるのか」という問いに向き合い、「なぜ自分をインターンとして採用したほうがよいのか」を説得する力が必要になるからです。道なき道を作る能力です。こうした能力は間違いなく高く評価されます。
 
「本当の」海外インターンシップに必要になるのは、問題意識、リサーチ力、プレゼン能力、仕事遂行能力、そして英語力です。もしあなたが海外インターンシップの道を自分で切り開くのであれば、TOEICだと700点、理想的には850点以上あるのが望ましいでしょう。
 
もし英語が苦手であれば、そこにたどり着くために、早い段階から努力を積み重ねることが重要です。それには、当サイトが調べつくした英語教材がお役に立ちます。ぜひ、英語力をつけて、お仕着せではなく、自分の力で切り開く人生を歩んでくださいね。
 
あなたが未来に思い描く「英語が話せる自分」の入り口はこちらです。

スポンサーリンク

レストランのオーナーこそ英語をやろう


レストランのオーナーこそ英語をやろう

日本人と、日本以外のアジア圏の旅行者では、「何の情報を頼りにレストランを探すかが違う」という話を聞いたことがありますでしょうか。
 
日本人の多くは、ガイドブック、もしくは日本語のホームページの情報です。これに対して、アジア圏の多くの国の旅行者は「口コミ」を重視しています。日本の企業が、海外からの旅行客を自分のレストランに誘導しようと、広告費用を多く使っても、なかなか上手くいかない理由は、そもそも検索しない人が多い、というデータもあります。
 
さて、口コミ重視の旅行客が多い、ということは、「小さな企業でも戦える」ということを意味します。広告料金を多く突っ込んだほうが勝つ、という大企業の戦いに引きずらずに、一人一人のお客様に丁寧に対応して、満足して帰ってもらうことの積み重ねだからです。集客を急増させる近道はありません。しかし、地道な積み重ねが結果として勝敗を分けます。
 
日本人の人口が減っている中で、多くのレストラン、特に観光客が多い地域のレストランは、外国人の来客が増えていることをひしひしと感じているのではないかと思います。それも当然で、2016年の訪日外国人数は、5年前の2011年と比べると3倍以上になっています。日本は美食の国、それも超高級レストランから、ラーメン店まで含めての美食なので、「食べることが楽しみで『また』日本に来た」というリピーターも多くいます。人口が減っても、食欲旺盛な観光客が多くやってくる、という意味で、日本の飲食産業の未来は明るいと言えます。
 
では、どうすれば外国人の観光客を集客できるのでしょうか。
 
・料理の味や美しさ
・便利な立地
・情報発信
・親切な接客
 
色々と要素はありますが、多くのレストランが忘れがちなことがあります。それは、「素晴らしさを伝える」ということです。例えば、「英語、韓国語、中国語のメニューがあれば、多くの外国人に対応できるからそれでよし」というレストランがあったとします。しかし、メニューからだけでは、メニューの持つ意味合いや重みが伝わらないことが往々にしてあります。
 
・初ガツオと戻りガツオは何が違うか
・なぜ下関のふぐなのか
・三田牛は神戸ビーフなのか
・ゆめぴりかは、他のお米と何が違うのか
・この店のシェフは何が違うのか、どこがすごいのか
 
もし、こうした内容を説明できたら、観光客がいま食べているものが「レストランが一生懸命探して入手した選りすぐりの素材だ」ということがわかります。しかし、もしわからなければ、「ただの刺身」「ただの牛肉」「ただの米」「よくある料理」となってしまいます。
 
例えば、ブランドを説明するにはストーリーが必要です。
 
同じかばんを購入するとしても、
「革のかばん3万円」
ではなく、
「100年以上も愛されるブランドで、日本の革職人の手作り革のかばん3万円」
であったほうが、お金を払うほうが気持ちがよいですし、いいものを買った、という実感があるはずです。レストランも一緒です。素晴らしい素材、素晴らしい調理方法があったとしても、それを外国人観光客に伝わらないと、大変にもったいないのです。
 
ではどうすればよいか。これは、レストランの最高責任者である、オーナーもしくはオーナーシェフこそが英語を学習して外国人のお客さんに説明すべきなのです。
 
もちろん、極端に難しい言葉を使って込み入った説明をする必要はありません。「何故当店の料理がおいしいのか、素材がどのように素晴らしいのかを簡単に、そして熱意を持って紹介」できれば、それで十分です。そうすれば、外国人観光客も「こんな素晴らしいものを食べた」と友人知人に勧めたり、ソーシャルメディアで共有したくもなるはずです。
 
「そんなことはメニューに書いておけばわかる」ではいけません。そもそも多種多様なメニューごとの説明をそれぞれ用意するのは効率的ではないですし、何しろ熱意が伝わりません。「情報を置いておけば、お客さんが勝手に正しく理解してくれる」などということは決してありません。それは努力を怠っているだけです。
 
オーナーもしくはオーナーシェフに求められているのは、「基礎的な英語を使って、素晴らしさを説明するだけの英語力」です。もし英語が苦手でも、基礎的な英語力を身に着けるのは、さほど難しいことではありません。当サイトの厳選英語教材を利用するのも、もっとも手軽に始められる「最初の一歩」です。ぜひ、お客様の満足と、お店の繁栄のために、一歩踏み出してみてください!

スポンサーリンク

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!