英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

太陽の帝国 (1987年) にみる伊武雅刀さんの英語力


太陽の帝国 (1987年) にみる伊武雅刀さんの英語力

伊武雅刀さんというと、ドラマや映画にも多数出演している名優で、準主役級の一癖も二癖もある役を演じさせると素晴らしい演技をみせてくれます。私が特に好きなのは、2007年の大河ドラマ「風林火山」の今川義元の家臣である太原雪斎役です。明らかに怪しい臭いをぷんぷんさせた演技がとても印象的でした。
 

「太陽の帝国(Empire of the Sun)」という映画を知っていますか?

 
さて、伊武雅刀さんは1988年にスティーブン・スピルバーグ監督のハリウッド映画「太陽の帝国」に出演していることを皆さんご存知でしょうか。
 
それまで、太平洋戦争を取り上げた映画は「勇ましい戦争映画」「ひたすら悲しい戦争映画」が多かったのですが、この「太陽の帝国」は違います。
 
上海の租界(外国人の統治が許された地域)を舞台に、日本軍の侵攻から逃げ遅れた、租界に住む裕福なイギリス人少年が、歴史に翻弄されながらも、日本軍が作った外国人向け収容所でたくましく生き延びる、という話です。伊武雅刀さんは、この収容所を管理する軍人役(ナガタ軍曹)で出演しています。なお題名の "Empire of the Sun" 、太陽の帝国とは、日本(大日本帝国)のことを指しています。
 
出演する日本人俳優たち
 
まずはガッツ石松さんです。
ガッツ石松
収容所に連れて行く外国人を選ぶ際に出演しています。残念ながら英語のセリフはゼロです。
 
次に山田隆夫さんです。
山田隆夫
テレビ番組「笑点」の座布団運びで有名な山田さんは、外国人を収容所に送り届けるトラックの運転手役ですが、残念ながら英語のセリフはゼロです。
 
そして、片岡孝太郎(かたおか たかたろう)さんです。歌舞伎の名跡、片岡仁左衛門さんの長男で、出演当時は10代後半でした。特攻に向かうが生き残る少年兵の役をしています。主人公と交流する良いシーンがあるのですが、残念ながら英語のセリフはゼロです。
収容所に送り届けるトラックの運転手役
 

スポンサーリンク

伊武雅刀さんの英語力は?

伊武雅刀の英語力
そして伊武雅刀さんの英語力を確かめるべく、編集部は「太陽の帝国」を見続けます。
 
ゼロ戦に憧れていた主人公の少年が、ゼロ戦に触れるシーンです。伊武雅刀さん扮するナガタ軍曹は立ち上がりますが、少年に悪意がないことを知り、遠くから見守ります。とても良いシーンです。しかし英語のセリフはありません。
しかし英語のセリフはありません。
大人の使いっぱしりで危険な場所に足を踏み入れる少年を、追う伊武雅刀さんです。間一髪少年は難を逃れます。しかし、英語のセリフはありません。
 
このまま英語のセリフがないのか、、、と思っていたところ、ラスト付近、日本の敗戦が決まった後でこのようなシーンがあります。
Boy... difficult boy.
Boy... difficult boy. (少年よ。おまえは扱いにくい子供だ)と、敗軍の兵士であるナガタ軍曹は英語で言い、去っていきます。
 
この"difficult boy"という言葉は、単に「少年が扱いにくかった、手こずった」という悪意だけではありません。ナガタ軍曹にとって特に記憶に残る少年であり、時々ハッとさせられる対応をする少年のことを、敵方とはいえ見どころがあると思っていたことがうかがえます。伊武雅刀は英語が話せない設定なので、カタコト英語の発音です。
 
伊武雅刀さんの英語のセリフは残念ながらこれだけでした。ちょっとこれでは英語力は測れないのでした。たぶん伊武雅刀さんは、この映画に出演するときには、英語力が求められていなかったのではないかと思います。
 

アジア人=英語喋れず意思疎通できない扱いだった頃のハリウッド

伊武雅刀さんの英語力を測ることができなかったのは残念ですが、伊武雅刀さんの役どころから、ハリウッドの意識の変化が見えてきます。当時のハリウッドでは、アジア人が映画に出ることは非常にまれでした。
 
アジア人が映画に出ても、伊武雅刀さん演じたナガタ軍曹のように、英語が話せない、ちょっとよく分からない役、英語を話せる白人主人公と意思疎通ができない役が多かったのです。ハリウッドから「排除」されていたといっても良いでしょう。
 
しかし、それから10年後には、アジア人であるジャッキー・チェンが主演のアクションコメディ映画「ラッシュアワー」がハリウッド資本で作られています。80年代から90年代にかけてハリウッドは、映画に登場するアジア人俳優の扱いを大きく変えたのです。この背景には、人口の半分以上をアジアが占めているという状況の変化、アジアの経済発展による映画市場の拡大、さらにはアメリカにおけるアジア人俳優のポジション獲得活動など複合的な要因があるのです。
 
このような土台の上に、渡辺謙さん、真田広之さん、菊地凛子さんといった、英語でしっかり話す、重要な役どころを獲得した日本人ハリウッドスターの成功があります。

スポンサーリンク

ラッシュアワー3 (2007) に見る真田広之さんの英語力


ラッシュアワー3 (2007) に見る真田広之さんの英語力

映画「ラッシュアワー」シリーズは、ジャッキー・チェンさんと、クリス・タッカーさんのデコボコ刑事コンビが人気で、シリーズ3作まで作られた人気シリーズです。
 
シリアスな刑事物ではなく、コメディとアクションがたくさん取り込まれたエンターテインメント色が強い作品で、見ていると笑える箇所がたくさんあります。シリーズ3作目の「ラッシュアワー3」には、真田広之さんが、ジャッキー・チェンと因縁のあるケンジ役で出演しています。今回は、この作品から、真田広之さんの英語力を見てみたいと思います。
 

真田広之さんのスピーキング力

真田さんは、主役2人に次ぐ準主役として登場しています。特にジャッキーとは因縁の仲であるため、日本語と英語が行ったり来たりしますが、英語も非常に流ちょうに話しています。
 

英語を流暢に話す真田広之

英語を流暢に話す真田広之


 
ここでは、ジャッキーとの対決シーンですが、"You could never kill me."と、ジャッキーを煽っています。真田さんは非常に発音が良く、目をつぶって聞くと、日本人の英語とは気が付かないほどです。イントネーションのつけ方が非常に上手です。
 

真田広之さんのリスニング力

ジャッキーとの英語でのやり取りでは、かなり複雑な内容の会話をしていますが、難なくこなしています。
 

かなり複雑な内容の会話も難なくこなす

かなり複雑な内容の会話も難なくこなす


 
ここは、ジャッキーが相棒のクリス・タッカーに、真田広之さん扮するケンジについて説明するシーンですが、複雑なやり取りも問題ありません。
 

真田広之さんのライティング・リーディング力

映画には出てきません。
 

スポンサーリンク

真田広之さんの「ラッシュアワー3」英語力まとめ

映画は出てこない、ライティングとリーディングを除き、パーフェクトといってよい出来です。
 
スピーキング ☆☆☆☆☆
リスニング  ☆☆☆☆☆
ライティング・リーディング ???
 
スピーキングは素晴らしく、アクセントを非常に練習したのではないかと思います。「英語を話すこと」と「英語をネイティブのように話せるようになること」は全くの別物です。これだけの発音は、長い期間英語の練習を続けた成果であること疑いありません。
 

真田さんとハリウッド

真田さんは1990年代に、日本のドラマで大成功した後、ロサンゼルスに拠点を移してハリウッドでの出演機会をうかがっていました。初のハリウッド映画は、渡辺謙さんや小雪さんと共演した「ラストサムライ」です。
 
「ラストサムライ」では英語を話す機会がない、準主役より一つ下の役だったため、言葉ではなくアクションで魅せるという役どころでした(渡辺謙さんより英語が得意であるため、製作スタッフと日本人俳優の間に入り、作品に貢献されています。
 
自分の役柄を超えて、作品のために貢献する態度は、高く評価されたのではないかと思います)。この「ラッシュアワー3」は、そんな真田広之さんが主役と因縁深い悪役を演じるという出世作となりました。
 
ちなみに真田さんがロサンゼルスに居を移し、本格的にハリウッドでの活躍を狙うようになったのは、40歳近くなってからの話です。日本での成功に甘えず、さらなる成功を求めて海外に向かった結果、日本でのドラマの出演は皆無になりました(日本映画は引き続き出演)。
 
日本とアメリカを行ったり来たりしながら、初のハリウッド作品である「ラストサムライ」の出演機会を掴むまでは、プレッシャーやもどかしさを多く感じていたのだと思います。これらをねじ伏せて、努力を続けた結果、現在ハリウッドで最も有名な日本人俳優の一人になっています。
 
真田さんからは、「40歳近くから英語に挑戦しても努力次第で何とでもなること」「役割を超えて貢献すること」「新しい成功を目指すためのプレッシャーに負けない心」を学ぶことができるのではないでしょうか。
 
もしあなたが、英語を使って自分を変えようと思うのであれば、真田広之さんに学びましょう。私たちは選び抜いた英語教材であなたのお手伝いをします。一緒に頑張りましょう!
 
英語教材ランキング

スポンサーリンク

ラストサムライ (2003) に見る渡辺謙さんの英語力


ラストサムライ (2003) に見る渡辺謙さんの英語力

アメリカと日本は人口が3倍以上違います。しかし、北米の興行収入と同じくらい日本でヒットしたハリウッド映画があります。それは、日本が舞台になった「ラストサムライ (The Last Samurai)」です。
 
制作はハリウッドの老舗、ワーナーブラザーズで、世界中で400億円以上の興行収入を上げた大ヒット作品、主演はトム・クルーズです。日本人の準主役である渡辺謙さんは、この作品を契機にハリウッドで名前を売ってスターダムを駆け上がっていくことになります。では、映画「ラストサムライ」に見る渡辺謙さんの英語力について考えてみましょう。
 
まず、渡辺謙さんの役どころとしては、明治政府軍に対抗する勢力のボス「勝元」です。西南戦争で散った西郷隆盛をモチーフにされていますが、映画なので史実と異なる点が多々あります(そもそも、西郷隆盛さんは、渡辺謙さんほどハンサムではないですね)。
 
勝元の弟の嫁を小雪さん、勝元の息子役を小山田真さん、勝元の部下役を真田広之さん、トム・クルーズ扮するオールグレン大尉を日本に連れてきた大村役を原田眞人さん、明治天皇役を中村七之助さんが演じています。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・リーディング力

まず、英語のリーディング力ですが、オールグレン大尉がつけていた日記を読むシーンがあります。手書きの英語を読んで理解できることから、相当の英語力があると判断できます。
 

オールグレン大尉がつけていた日記を読むシーン

オールグレン大尉がつけていた日記を読むシーン


 

渡辺謙さんのラストサムライ・ リスニング力

勝元の一味に捕まえられたオールグレン大尉は、何故自分が生かされているのか、勝元を疑うのですが、ここではかなり早い英語のやり取りがあります。畳みかけるように話すオールグレン大尉の英語を勝元は理解し、切り替えしています。よって、相当な英語力があると判断できます。
 

畳みかけるように話すオールグレン大尉の英語を勝元は理解する

畳みかけるように話すオールグレン大尉の英語を勝元は理解する


 
このシーンの、”And he got massacred because he took a single battalion against two thousand angry Indians.” というオールグレン大尉の発言をちゃんと理解して返しています。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・ スピーキング力

勝元の話す英語は流ちょうではありませんが、明確な発生で文法のミスもありません。
 

勝元の話す英語

勝元の話す英語


 
このシーンで勝元は、"Samurai cannot stand the shame of defeat." と言っていますが、聞き取りやすく、間違いもないです。もちろん、台本を読み込んで、練習を重ねているからそこですが、無理がなくスムーズに言葉が出ています。
 

渡辺謙さんのラストサムライ・ ライティング力

勝元は映画の中で英語を書く場面がないので、ライティング力については不明です。
 

スポンサーリンク

渡辺謙さんのラストサムライ・ 英語力まとめ

渡辺謙さん扮する勝元の、映画内での英語力をまとめますと、このようになります。
 
リーディング ☆☆☆☆☆
リスニング  ☆☆☆☆☆
スピーキング ☆☆☆
ライティング ???
 

40代から英語力を鍛え上げた渡辺謙さんのプロ根性

さて、ここからが一番伝えたいことです。渡辺謙さんはこの役をオーディションで勝ち取っていますが、オーディションに合格してから英語をひたすら学習されたそうです。映画の公開が2003年末なので、オーディション合格は2001年か2002年頃だと想定されます。つまり、渡辺謙さんは40代前半から英語を鍛えまくったということです。40代の俳優が、日本での成功体験を捨てて、英語を学びまくってハリウッドに挑戦するわけです。それが「ラストサムライ」という日本が舞台の、日本人の大将という役だったとしてもです。
 
渡辺謙さんからは3つのことを学ぶことができます。
 

1.何かを得るためには、何かを捨てなければならない

渡辺謙さんは、日本でも定評のある、いえ、非常に高く評価された俳優でした。しかし、そんな渡辺さんがハリウッドに挑戦する、ということは、日本で安定的に得られる仕事を捨ててのチャレンジだったはずです。いくら日本で有名な俳優だったとしても、ハリウッドでは新人だったわけですから、日本で受けたような高い待遇からのスタートではなかったのではないかと思われます。
 
しかし、何を得たいかを明確にして、そのために何を捨てて、何に努力するかをきちんと考えられたのだと思います。何かを捨てることは難しい決断です。特に捨てるものが大きければ大きいほど、難しいです。しかし、捨てることなしに、何か全く新しいものを得ることはできないのです。
 

2.英語を始めるのに年齢は関係ない

「英語は早くから始めたほうが身につく」「歳がいってからの英語学習は難しい」「学習が定着しにくい」といった、「中高年の英語学習が難しい理由」はたくさん転がっています。
 
しかし、渡辺謙さんは、強い目的意識でこうした「学習しにくい」「学習しない」理由をねじ伏せて、「ハリウッド映画に出る」「ラストサムライで成功する」という目的に突き進みました。英語学習もその強い目的意識によって成し遂げたのではないでしょうか。英語学習は若い方が定着率は高いし、中高年のほうが難しいのは確かです。だからといって、中高年に英語学習は無理というわけではありません。
 

3.英語で人生のチャンスを広げる

渡辺謙さんは、「ラストサムライ」の演技で、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞、サターン賞といった映画の助演男優賞にノミネートしました(残念ながら受賞はせず)。
 
英語ができなくて苦手だった40代の男性が、努力して世界の舞台で評価されたのです。いくら実力があっても英語ができないと評価されないのが、ハリウッド、世界のエンターテインメント業界というもの。「素晴らしい演技力+英語力」となったことで、渡辺謙さんの活躍の舞台が一気に広がったのです(当然、役者としての評価と収入も大きく増えています)。日本のスターから世界のスターへ、そして世界のスターとして、もう10年以上も活躍を続けているのです。
 
さて、皆さんはこの話を聞いて、どうしますか。「渡辺謙さんはお金持ちだから専属トレーナーつけて学習したんでしょ」「英語学習に専念できる身分ではないから自分には無理」など、英語学習をしない言い訳を続けるのでしょうか。
 
それとも、「私にもできる」「やってみる」と新しい一歩を踏み出すのでしょうか。当サイトは、皆さんが新しい一歩を踏み出す人生を歩んでいただければと思い、特に初心者に役に立つ教材を用意しました。ぜひ、渡辺さんのように、英語によって人生を広げてください。応援しています!

スポンサーリンク

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!