英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

映画「シン・ゴジラ」(2016)に見る石原さとみさんの英語力(後編)


映画「シン・ゴジラ」(2016)に見る石原さとみさんの英語力(後編)

この記事は、「映画「シン・ゴジラ」(2016)に見る石原さとみさんの英語力(前編)」の後編となります。
 
後編では、石原さとみさんが、シン・ゴジラで使っていたのと同程度の英語力をつけるにはどうすればよいかについてお伝えします。
 
まず、石原さとみさんの映画での英語力は、スピーキング力しか確認することができません。リーディング、ライティング、リスニングがどの程度かは不明ですが、「映画内の石原さとみさんレベルでスピーキングができる日本人は、一般的にリーディング、ライティング、リスニングがどれくらいできるか」と考えると、TOEICが満点でも難しいレベルです。長期滞在経験、長期の留学経験がないと、到達が難しいレベルでしょう。
 
「そうか、私が石原さとみさんレベルになるのは無理か、、、」と諦めるのはまだ早いです。現実的にどう近づけるかについて、ここで順番に考えてみたいと思います。
 

1.文法の基礎理解+ゆっくり話す+ゆっくり聞く

特にTOEICの点数が400点を切る方に必要な作業です。TOEIC 400点未満の方の多くは、英語の基礎力が弱い、特に文法に弱い方が多いです。よって、基礎的な文法を理解し、英語をゆっくり話す、ゆっくり聞くことを続けます。当サイトの教材だと「7+ English」という教材が最も適しているかと思います。
 
文法的な知識がない人は、単語をつなげて、ブロークンな英語を話してしまいがちですが、"toilet"とか"taxi"レベルであればよいですが、"日本円を両替したいが、一番近くにある両替所はレートが悪すぎた。少し遠くても良いからいい両替所を教えてください"という文章になると、とたんに話せなくなります。この「7+ English」は、基礎的な文法を例文で理解したうえで、似たような例文をたくさん読んで、聞いて、話すことで、頭に定着させることに優れています。両替所の話を平易な英語にするとこのようになります。
 
I visited the nearest currency exchange shop, however exchage rate was very bad.So I need to find good exchange shop. Do you know it?
 
まずはこのレベルで良いので、理解して、話せることを目指します。
 

2.単語力UP+TOEIC公式問題集(またはTOEIC Bridge問題集)

「7+ English」は初歩の初歩なので、ここを卒業した後は、単語力とTOEIC問題集を使うのがよいでしょう。単語力は中学校、高校で必要となる単語は全て頭に入れておく必要があります。特に中学校レベルの単語は完璧にしておかないと、基礎的な会話すら成立しなくなるため要注意です。
 
そして、自分の英語力を客観的に測るため、TOEICの受験をおすすめします。点数が明確に出るため、何点上がった=どれだけ英語力が伸びたかが明確に分かります。ただ、もしTOEIC公式問題集が難しすぎる場合は、TOEIC初心者向けの参考書をやる、またはTOEIC Bridgeテストから取り組んでみるほうが良いかもしれません。
 

3.さらなるTOEICのスコアアップ+TOEIC S&W+オンライン英会話

通常のTOEICはリスニングとリーディングのみですが、当然ながらスピーキングとライティングを鍛える必要があります。TOEICである程度点数がとれるようになったら(例: 700点)、並行してTOEIC S&Wに取り組むのはよい方法です。TOEIC S&W (Speaking and Writing) の練習は、話すと書く、という別な作業になるため、回りまわって通常のTOEIC (TOEIC L&R, Listening and Reading)の学習にもよい影響を与えます。
 
TOEIC S&W対策として、オンライン英会話をやることもできます。ある程度話す力がついた人が、目的を明確にしてオンライン英会話を主体的に取り組むのは、ありです。しかし、当サイトの「よくある英語学習の間違い」にある通り、オンライン英会話は基本受けっぱなしで、放っておかれるシステムです。オンライン英会話で何を学ぶのか、何を修正したいのか、どの力をつけたいのかを明確にしないと、無意味な時間になりますので注意してください。
 
参考記事:よくある英語学習の間違い
 

4.パーフェクトなリスニング+スピーキングを目指す

3を一生懸命やると、TOEICは900点程度に到達します。TOEIC 900点とれていれば、TOEICの点数をさらに上げることは、実際的にあまり意味がありません(TOEIC受験マニアの世界に突入します)。よって、現実世界で役に立つリスニングとスピーキングの特訓を行うほうが良いでしょう。何故なら、TOEICで900点以上の点数を取れている人の多くが、まともに話せない、そしてネイティブの早い会話についていけてないためです。
 
リスニングは、最終的には「英語の映画を見ても意味が理解できる」「ネイティブが容赦なく話しても理解できる」レベルがゴールになりますが、留学をせずにここまで到達するのは非常に難しいです。時間がかかるものだ、と理解して、気長に取り組んでください。
 
スピーキングは、TOEIC 900レベルになれば、正しく話せることはできるようになっています。あとは、どれだけネイティブ発音で話せるか、どれだけのスピードで話せるか、そして「準備した英語を読む」のではなく、「どれだけ瞬発力を持って受け答えができるか(速攻で会話のキャッチボールができるか)」がカギになります。マンツーマンの発音矯正レッスンでひたすら鍛えるのが近道かと思われます。
 
ちなみに、1から3までにかかる時間と、4にかかる時間では、4にかかる時間のほうが圧倒的に長いです。ある程度英語ができるようになっても、それをネイティブレベルにするのは大変な努力が必要だということです。逆に言うと、ネイティブレベルの一歩手前までは、努力すればそれなりの速度で上げていくことができます。ぜひ、シン・ゴジラの「石原さとみさん=パターソン特使」を目指して、皆さん頑張ってみてください!
 
英語教材ランキング

映画「シン・ゴジラ」(2016)に見る石原さとみさんの英語力(前編)


映画「シン・ゴジラ」(2016)に見る石原さとみさんの英語力(前編)

皆さんは、この夏の話題作「シン・ゴジラ」はご覧になりましたでしょうか。私は一度IMAXで見て、あまりに衝撃的だったので、その次は4DXでもう一度見てしまいました。傑作エンターテインメントだと思います。
 
さて、この中で石原さとみさんは、アメリカの有名政治家の娘で、ゴジラ対策のために日本に派遣された「アメリカ大統領特使(パターソン特使)」という役割で、長谷川博己さん扮する主人公とやり合います。アメリカ人役です(なお役として、英語と日本語を不自然に行ったり来たりする、この若さで特使という設定がおかしい、ため口の話し方がおかしい、といった批判がありますが、これは監督や脚本側の問題であって、石原さとみさんの問題ではありません)。
 
ここでは、映画「シン・ゴジラ」での石原さとみさんの演技から、石原さとみさんの英語力を見ていきたいと思います。とはいえ、映画女優として、台本を頭に入れ、決められたセリフを流ちょうに話すことが主眼なので「英語スピーキング力」についてお伝えします。
 
まず結論からいうと、石原さとみさんは非常に高いレベルで英語を話せています。
 
映画なのでもちろん、何度も取り直しているとはいえ、かなりの高速で英語をきちんと話せています。アメリカ大統領特使で、冒頭はマシンガントークで高圧的に要求を日本政府に突きつける役回りでしたが、政治単語、軍事単語、外交単語などをスムーズに、そして役柄として威圧的に話しています。また、発音についても、日本生まれの日本人が習得した英語としてはほぼパーフェクトのレベルです。
 
「よい発音で、早く話す」ためには、まずは「単語レベルでゆっくり正しく話す」ことが重要です。話すセリフを単語レベルに分解し、その単語をきちんと発音記号通りに、アメリカ英語発音で話せるようにします。日本人はLとRの発音が苦手、とよく言われますが、LとRだけではなく、"ear"と"year"など、似た発音だがよほど注意しないと日本人が正しく発音できないものがあります。よって、石原さんは、はじめにマンツーマンで単語レベルの発音矯正を徹底的に、そして長期間行ったのではないかと思われます。
 
発音矯正は地道で継続的な努力が必要です。やればすぐに習得できるものではありません。LとRの発音の違いがない日本で長らく暮らしてきた人が、数時間でLとRの発音を完璧にできるわけがありません(これは逆の場合も同じです。例えば韓国人は、「バ (ba)」という発音がないので、「バ (ba)」ではなく「パ (pa)」になってしまいます。「馬鹿 (baka) にするな」といったつもりが、「パカ (paka) にするな」となってしまいます)。
 
撮影スケジュールの順番ごとに、自分が話す英語のセリフをマンツーマンでレッスンしながら鍛え、マンツーマンレッスンが終わった後は、自宅やホテルでひたすら録音して練習されていたのではないかと思います。
 
石原さんに必要とされる英語スピーキング力は、「日本人が英語がんばりました」レベルではなく、「ネイティブのアメリカ人」レベルである必要があります。また、シン・ゴジラは、庵野秀明総監督が徹底したリアリティを追求し、かつ海外でも上映される映画です。つまり、石原さんの英語発音は、海外の観客、特に英語圏の観客が見ても違和感を感じないようにする必要があります。そうでないと「アメリカ人のはずがとんちんかんな英語を話すコメディキャラクター」になってしまい、映画の本物らしさが失われ、観客は白けてしまいます。つまり、単語の発音ひとつとっても徹底的に正確である必要があったわけです。
 
さて、ゆっくり正しく話せるようになった次は、早く正しく話す練習です。石原さんの話す英語はかなりの高速です。一般的に、文章を正確にゆっくり発音できるようになるのは大変ですが、そこができれば、そこまでの労力がなくても、繰り返し読み、その速度を徐々に高めていく練習をすれば、早く話すことはできるようになります。ただ、石原さんの苦労は「シン・ゴジラは全般的にセリフが多い」という点です。そこまでの労力が必要ない作業だとしても、セリフが膨大にあるため、結果苦労も多かったであろうと推察します。
 
最後に、英語スピーキングとは少しずれてしまいますが、石原さんの役に対する努力についてお伝えしたいと思います。
 
石原さんの立ち居振る舞いは「過剰なまでにアメリカ人風」です。石原さん自身はインタビューで、「ずっと外務省で働いていた友だちや、アメリカで育って大学のときに日本に来た女の子にいろいろと教えてもらいました」と答えています。単に英語を可能な限り完璧に高めるだけでなく、表情、視線の持っていき方、ジェスチャー、姿勢などを、(やや過剰なまでに)自信あふれるアメリカ人を演じきっています。
 
日本人の観客の一部は、この「過剰なまでにアメリカ人風」の演技に違和感を感じた人もいるようですが、この強いアクセントが、アメリカ政府からの強い要望に日本がいかに退治するか、という緊迫感を生んだのではないかと私は思います。高圧的なアメリカ大統領特使を演じるのに、控えめな役を演じるのでは、観客に伝えたい役柄のイメージを混乱させるからです(シン・ゴジラは全国の劇場で広く上映されるエンターテインメント映画作品であって、単館系の文芸映画作品ではないのです)。分かりやすさは、とても重要です。
 
ここまでご覧いただいて、石原さんの努力についてお分かりいただけたのではないかと思います。では、「石原さんのように英語力をつけるためには、どうすればよいか」について、後編でお伝えします。

1 10 11 12
スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!