英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

多人数での英語コミュニケーション時の5つのポイント


多人数での英語コミュニケーション時の5つのポイント

英語の会話は、1対1の場合は、相手も手加減してくれるので意思疎通ができるが、大人数になると話についていけない、という方は多いと思います。安心してください。大人数の英語での会話についていくのは相当難しいので、できないことに落ち込む必要はありません。
 
英語がかなりできる方でも、多人数の英語の会話、特にネイティブとの高速英語会話は厳しいのではないかと思います。しかし、ここであきらめてはいけません。何とか食らいついていき、少しでも理解する方法があります。ここでは、多人数の英語会話時のポイント5つをお伝えいたします。
 

1.理解しようとする、集中する

まずは大前提の話です。「英語の会話だから、どうせわからないだろう。この場は、話は聞かずに、ニコニコしてやりすごそう」と思ったら、みすみす話を理解する、英語力を向上させるチャンスを失います。
 
初めから、英語の多人数の会話=無理だ、と、あきらめないことです。全身の集中力を聴覚、ならび視覚(相手の口元や身振り手振りを見る)に集中させてください。「少しでも理解してやるぞ」という気持ちが重要です。
 
当サイトのスタッフで、アメリカ系企業で勤務していた人がいるのですが、その会社は大きな会社で英語が話せない人もかなりいたのだそうです。「多くの中年男性は、そもそも英語での会話を諦めていました。
 
私が、分からないながらも何とか食らいついていこうとしているのを見て『すごいねー、頑張るねー』と呑気に言っていました。彼らは、そもそも英語で意思疎通できるように集中して頑張ろうとする姿勢を持っていませんでした。その後、リーマンショック時にリストラされたのは、彼らでした」。理解しようとする、集中することは大切ですね。
 
なお同席する人には、あらかじめ
 

I am not good in English. But I hope to join this conversation.
(私は英語が得意ではありません。しかし、会話に参加したいと思っています)

 
と伝えて、自分が会話に参加する意思があることを伝えておくと良いと思います。英語が苦手ながらも一生懸命理解しようとする人を、悪く思う人はもちろんいません。
 

2.話の全体の流れを追う、類推する

英語が苦手な方にとっては、多人数の英語の会話を完全に理解することは不可能です。そして会話は次から次へと続いていきます。ここで、聞き取れなかった会話に執着して「いま何を言っていたんだっけ?」と、振り返って考えてしまうと、とたん話の流れについていけなくなります。
 
ここで必要なのは、「聞き取れない会話はあきらめる。そして、聞き取れた会話、聞き取れた単語から、話の全体の流れを追って、類推する」ということです。
 
例えば、「Chinese」「Shopping」「Japan」という3つの単語が聞き取れたら、皆さん何を連想するでしょうか。中国人、ショッピング、日本、となると、「中国人が日本に来て買い物をする。最近よく言われている増大する訪日中国人観光客と爆買いの話かな?」という前提を仮置きして、話を聞いていきます。
 
その後、例えば 「drug store」「brand」などという単語が出てきたら、「爆買いで、ドラッグストアで医薬品や化粧品を買ったり、ブランドショップでブランド品を買っている、という話だろう」と察しがつきます。まずは、このレベルができたら合格です。
 
なお、単語のレベルが専門的、高度でついていけない場合もあるかと思います。例えば「アメリカの法体系と、イギリスの法体系の違いについての話」といった話です。そもそも日本語であっても法律用語が分からない上、それが英語になるとちんぷんかんぷんになってしまうでしょう。こうした場合は、下記の「会話が一段落した後でまとめて教えてもらう」のがよいでしょう。全部は理解できませんが、簡単な言葉に置き換えてもらえば、少しは理解できると思います。
 

3.話の途中で確認する

話がさっぱり分からない、または途中から急に分からなくなった、ということもあるかと思います。もし英語と日本語を話せる人が同席している場合、「いま何を話していますか?」「いまの話はXXXだと思いますが、合っていますか?」など、話の腰を折ってもいいので、日本語で聞いてみましょう。(できれば、日本語が話せる人の隣に座っておくのがよいです)。よほど重要な打ち合わせでもない限りは、同席している方は教えてくれると思います。
 
残念ながら、日本語を話せる方が同席していない場合は、隣り合った人で親切そうな人に、
 

“What kind of topic?”
(何の話のトピックですか?)

 
と聞いてみるのが良いと思います。会話に楽しそうに集中している人の腰を折るようで申し訳ない気分になるかもしれませんが、相手はそれほど気にしていないことが多いので、臆せず聞きましょう。教えてもらった後は、
 
“Thank you!”
 
というのを忘れないように!
 

4.会話が一段落した後でまとめて教えてもらう

「かなり議論が白熱している、しかし良くわからない。しかし、ちゃんと理解したい」といった場合は、打ち合わせ終了後1対1になったときに、優しく教えてくれそうな人をつかまえて、
 

“What was the main topic of conversation? It looked you were very excited.”
(会話のメイントピックは何でしたか?君はとても熱心に会話に参加していましたね)

 
と聞いてみるのが良いでしょう。全体の会話は終わっていて1対1であれば、ゆっくりわかるまで説明してくれるでしょうし、他の人を気遣う必要がないので、あなたの英語力に合わせて、分かるまで噛み砕いて話してくれるはずです。
 

5.録音する

もし大人数での会話の場を「これは英語の勉強のチャンスだ」と思うのであれば、会話内容を録音するのもよいでしょう。スマホをさりげなくテーブルに置いて録音するもよいですし、一言断ってから録音するのでもよいでしょう。
 

“Can I record this conversation? This is good English learning for me.”
(会話を録音しても良いですか?いい英語の勉強になります)

 
相手に言ってから録音するのが望ましいですが、ただ、会話を録音されて、その内容を別な人が持っているというのは、あまり気分が良いものではありません。「相手から合意を取るのは難しそうだ」という場合は、こっそり録音してもよいと思います。
 
ただ、録音した内容を勝手にYouTubeにアップしたり、録音データを他の人にあげたりするのはマナー違反です。録音した内容はあくまで英語学習用としてのみ使い、不要になったらデータを削除することが望ましいです。データが入ったパソコンやスマートフォンがウイルス感染してデータが流出したりしないよう、あらかめじウイルス対策ソフトをいれておくのがよいでしょう。
 
ちなみに、ポケットにスマホを入れて録音すると、音がきちんと録音されない、音が小さい、ノイズが多い場合があるので、テーブルの上に置いて録音するのがよいです。
 
さて、いかがでしたでしょうか。大人数での英語会話は、刺激的な場であるとともに、多くの人にとっては、ついていくのは大変だと思います。もちろん、いきなり理解できるようにはなりません。相当英語が話せる人でもネイティブ英語の高速会話は無理、という人も多いです。
 
大切なのは、あきらめず毎度の会話に集中することです。継続していけば、理解度が徐々に上がっていき、大人数でも会話を楽しむ余裕がでてくることでしょう。時間はかかりますが、我々と一緒にがんばりましょう!応援しています。

英語教材ランキング

 

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!