英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

街角で困っている観光客を助ける英語


街角で困っている観光客を助ける英語

2011年から2016年で、日本に来る外国人の数が3倍になったことによる、外国人観光客の急増はよく知られています。東京や大阪、京都だけではなく、地方都市でも外国人観光客を多く見かけるようになった、と思われる方は多いと思います。
 
今日は外国人にとっての大きなハードルである、電車の乗り換えについて、お伝えしたいと思います。この記事を下まで読めば、今日からあなたは外国人の乗り換えをお手伝いできます。
 
さて、観光客が最も多い、東京を例にあげると、電車路線の混雑具合は世界でNo.1と言っても良いのではないでしょうか。JR、東京メトロ、都営地下鉄、私鉄が複雑に絡まり合い、関東に住んでいる人も、自宅周辺の電車しか理解していないのではないでしょうか。こんなところに外国人がやってくると、路線図を眺めて、「なんだか複雑だな、おおぅ。。。」とため息をつくことになります。あなたは東京に住んでいて、外国人よりも多く乗り換えについて知識があるのであれば、ぜひ手助けしてあげましょう。
 

まず、声をかけて質問を理解する

まず、声をかけて質問を理解する
はじめに、駅などで外国人を見つけたときの対応です。外国人の多くは、例えば切符売り場の近くや、駅の出口の近く、また路上で、路線図や観光ガイドブックを広げて、「さて、どうやって行くのだっけ?」と頭を悩ませています。このタイミングで声をかけてみましょう。
 
"May I help you?" (お手伝いしましょうか?)
 
これは、どの場面でも使える言葉です。お店に入ってきたら、店員さんが"May I help you?"と声をかけてくる、のはよくある光景です。「お困りですか?何かお手伝いすることはありませんか?私はお手伝いする意思がありますよ」という積極的な意思を示す言葉です。
 
ちなみに"May I help you?"と声をかけても、「助けてください」という人は半分くらいでしょうか。私の実感では、欧米からの観光客は比較的容易に助けを求めてきますが、アジア圏の観光客は助けを求めることに抵抗があるようで、断られることが多いです。
 
助けが不要な外国人の反応は次のようなものです。せっかく勇気を出していったにも関わらず、この反応だとちょっぴり残念です。
 
"Thank you, but I am ok." (ありがとう。大丈夫です)
"OK, no thank you." (助けてもらわなくても大丈夫です)
"I'm just waiting for my friend, but thank you" (友達を待っているだけなんです。でもありがとう)
 
では、助けが必要な人の反応は次のようなものです。駅、場所、路線についての質問が多いです。
 
"We're planning to go to Aoyama Itchome station." (青山一丁目の駅に行こうと思っています)
"Thanks, I'd like to see Hachiko's statue." (ありがとう。ハチ公の像をみたいです)
"How do we take G line?" (Gライン [注: 東京メトロ銀座線] に乗るにはどうすればよいですか?)
 
早口でペラペラ喋る外国人もいますが、ここでは固有名詞を聞き取ることに注意しましょう。例ですと、"Aoyama Itchome Station", "Hachiko's statue", "G line"です。ここを聞き取れれば、「ははあ、青山一丁目駅まで乗り換えていきたいのだな」とか、「ハチ公の銅像の所に行きたいが、どうやって行けばよいか分からないんだな」「銀座線への乗り換え方法を知りたいのか」ということが分かります。固有名詞は比較的聞き取りやすいので、とにかく固有名詞に注意します。
 

できるだけやさしい英語で回答してみよう!

できるだけやさしい英語で回答してみよう!
では、上記の質問について、できるだけ易しい英語で回答してみます。
 
質問1
"We're planning to go to Aoyama Itchome station." (青山一丁目の駅に行こうと思っています)
 
回答1
"Go down to 2nd floor, then take Oedo line, E line." (2階まで下りて、大江戸線に乗ってください)
 
go down (下がる)
go up (上がる)
take xxx line (xxx線に乗る)
take escalator (エスカレーターに乗る)
take elevator (エレベーターに乗る)
 
質問2
"Thanks, I'd like to see Hachiko's statue." (ありがとう。ハチ公の像をみたいです)
 
回答2
"Go straight and turn right, and you'll see Hachiko." (真っすぐ行って右に曲がるとハチ公です)
 
go straight (真っすぐ進む)
turn right (右に曲がる)
turn left (左に曲がる)
you'll see xxx (xxxが見えます)
 
質問3
"How do we take G line?" (Gライン [銀座線] に乗るにはどうすればよいですか?)
 
回答3
"Take N line to Tameike-Sanno Station. Station number N06, then transfer to G line" (Nライン [南北線] に乗って、溜池山王駅で Gライン [銀座線] に乗り換えてください)
 
take xxx line to yyy station (xxx線に乗ってyyy駅に行く)
then (その後、その次に)
transfer (乗り換える)
 

使う単語は非常に少ないので、ぜひトライしてみよう!

使う単語は非常に少ないので、ぜひトライしてみよう!
さていかがでしたでしょうか。
使われる単語は非常に少ないです。
 
go to ...
take ... line
transfer to ...
turn ...
 
これくらい話せれば、道案内は簡単です。街角で困っている人を見つけたら、萎縮せずぜひ助けてあげてください。こうした小さな親切によって、私たちが住む街、そして日本という国を好きになって帰ってもらえると嬉しいですね。

 

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!