英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

シンプル英語版Wikipediaを使ったリーディング勉強法


シンプル英語版Wikipediaを使ったリーディング勉強法

既に、英語版Wikipediaを使ったリーディング勉強法についてお伝えしましたが、今回はWikipediaのシンプル英語版を使った勉強についてお伝えをいたします。
 

シンプル英語版Wikipediaとは

英語が得意でない英語学習者向けに、平易な英語を使った記事が作成されているのがシンプル英語版Wikipediaになります。トップページには、記事作成者向けに、下記のガイダンスがなされています。
 

Use Basic English vocabulary and shorter sentences.
基礎的な英語の語彙を使って短い文章にしましょう
Write good pages.
良い記事を書きましょう。
Use the pages to learn and teach.
(英語の)学びと教えのためのページにしましょう。
Simple does not mean short.
シンプルということは、(記事の内容が)不足しているわけではありません。
Be bold!
度胸を持とう(完璧な記事を書かなくても誰かが修正するから大丈夫)

 
Wikipediaの記事はすべてがボランティアによって作成されていますが、シンプル英語版の記事も同様で、全ての記事がボランティアにより「英語学習者向けに」書かれています。シンプル英語版の記事は、通常のWikipedia英語版の記事を要約し、それを平易な英語に書き直してくれています。2016年2月現在、通常の英語版は500万記事以上ありますが、シンプル英語は11万記事と少ないです。しかしながら、英語版で特にアクセスの多い内容についてはきちんと網羅されています。
 
さて、ここで、通常の英語版の記事とシンプル英語版とを比べてみましょう。
 
ケネディ大統領
 
(通常の英語版)
https://en.wikipedia.org/wiki/John_F._Kennedy
(シンプル英語版)
https://simple.wikipedia.org/wiki/John_F._Kennedy
 
通常の英語版は27,000語以上ありますが、シンプル英語版は960語だけです。また、難しい単語は簡単なものに置き換えられていますので、読み終わるのは大変早く終わることができます。簡単に読み終わることができる、ということは、小さな達成感をたくさん味わうことができるわけで、学習の継続にはとても役に立ちます。
 

シンプル英語版Wikipediaを使った学習法

① 興味があるテーマを検索する
自分の興味がある記事、読んで理解したい記事を表示させましょう。通常の英語版Wikipediaと比べると、記事数が少ないので、少しマイナーな記事になると表示されませんので気を付けてください。
 
② 2, 3度通読する
最初から最後まで、何度か通読して意味が分かるかどうか、確かめてみましょう。ここで、わからない単語やフレーズ、意味は分かるが発音が分からない単語を書き留めておきましょう。
 
③ 単語の意味を調べる
書き留めて置いた単語やフレーズを辞書で調べてみましょう。シンプル英語版なので、難しい単語はあまり使われていません。逆に言えば、シンプル英語版に出てくる単語は、全て理解した方が良い単語とも言えます。
 
④ 再度通読し、その後声を出して音読する
意味が全部分かったところで、再度通して読みます。各文章の意味がきちんと理解できるようになったと思います。その後、声を出して音読してみましょう。発音が分からなかった語がちゃんと発音できるようになったかがポイントです。すらすら音読できるようになるまで、何度か繰り返します。
 
⑤ できるようになったら、①に戻り別の記事を検索して、再度トライしてみましょう。
この学習法は、リーディング、スピーキングを鍛えるうえでは、簡単で、かつ役に立ちますが、リスニングのトレーニング内容は含まれていません。基礎的な英語を耳で理解したい、という方には、当サイトがセレクトした英語教材をご利用頂くのもよいかと思います。ぜひ、試してみてください。

 

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!