英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパン

【公式】英語教材ジャパンは、ユーザーからの口コミと英語マスターである運営スタッフたちの調査をもとに教材を徹底比較し、おすすめ英語教材をランキング形式でご紹介いたします。

ライティング能力を向上させる方法


ライティング能力を向上させる方法

「英語を書けるようになりたいです。どうすればよいですか?」
 
このご質問をいただいたとき、私たちはこのように伝えています。「もし小説とか、論文を書くのでなければ、『読む』『話す』『聞く』と比べれば、書くことが一番簡単です。安心してください」と。
 
そうすると、みなさん結構驚かれます。
では何故簡単か。ご説明しましょう。
 
まず、「英語の書く力」を難しい順にあげてみましょう。
 

  1. 小説で必要になる英語ライティング能力
  2. 論文で必要になる英語ライティング能力
  3. ビジネスメールで必要になる英語ライティング能力
  4. FacebookやLINEなどのやり取り(プライベートメール含む)で必要になる英語ライティング能力

 

1.小説で必要になる英語ライティング能力

1が最も難しい理由、それはあなたが英語ネイティブではないことです。小説は、ストーリーだけでなく、言葉の持つ微妙な意味合いを駆使して、人の感情を揺さぶる作業です。これは大変に難しいことです。日本語で日本人に書くのだって難しいですから。
 
どれくらい大変かをお伝えするために、私がたまたま今読んでいる小説、三浦綾子さんの「氷点」の書き出しの一文を引用します。
 

風は全くない。東の空に入道雲が、高く陽に輝やいて、つくりつけたように動かない。

 
はい、これで理由がお分かり頂けたかと思います。英語でこれだけの微妙な表現を、ネイティブでない人がやるのは、まず無理です。
 

2.論文で必要になる英語ライティング能力

次に難しいのは論文です。
論文の中でも文系の論文(経済系除く)の方が難しいです。理系の論文(または経済系の論文)は、定量化できるものが多いので、平易な英語でもその研究主旨を正しく伝えることができます。
 
当サイト運営スタッフの1人であるIT系の研究者で、英語を話せない、聞けない人がいるのですが、彼は英語の文献をつまみ読みして、英語の論文を(手助けはもらいながらも)書いていました。これが文系になると、数値で表せないものが多く、また言葉や文化といったものを正しく説明しなければならない、という、なかなか困難な作業になります。
 
あと、論文はそれなりの長さがあるものが多いので、長文を書くのは体力的、精神力に結構大変でもあります。
 
もしあなたが必要としている書く力が小説や論文でしたら、結構大変です。ただ、私がこれまで質問を受けてきた99%以上は、上記の3メール、または4.FacebookやLINEなどのやり取り、になります。1,2と比べると、3, 4は、はるかに、はるかに簡単です。
 

3.メールで必要になる英語ライティング能力

まずはビジネス英語メールからみていきましょう。ビジネス英語メールは、検索すると例文が非常に多くあります。例えば、「新しい取引を申し出る場合」「代理店になりたいと連絡する場合」「クレームを伝える場合」など、色々な状況に対する例文が多くありますので、まずはこちらを使うのがよいでしょう。
 
もしサンプルがない場合、ビジネスメールは下記の構成にあてはまるのが良いでしょう。
 
[1] 冒頭
[2] 挨拶
[3] メールの目的を簡潔に
[4] 主文・目的についての説明
[5] 目的を繰り返す+補足
[6] 締め
[7] フッター
 
この通りにサンプルのメールを書いてみます。アメリカのカリフォルニアにいるお客様に訪問を依頼するメールになります。
 
[1] Dear Mr. John Smith,
(背景 ジョン・スミス様)
 
[2] How are you? Wish you are good in California.
(ご機嫌いかがですか?カリフォルニアでお元気のことと思います)
 
[3] I would like to have a meeting with you in California for introducing our new product named “Super Machine”.
(「スーパーマシン」という当社の新商品を紹介するため、カリフォルニアで打ち合わせをしたいと思います)
 
[4] This new machine has 2x bigger performance with 50% of previous machine’s cost. I believe this gives great value to your company.
(新型マシンは、これまでのマシンの2倍のパフォーマンスで、半額です。このマシンは貴社にとって大きな価値があると思います)
 
[5] I will be in California on November 10 and 11. Please let me know your availability.
(私は11/10と11/11にカリフォルニアにいます。ご都合をお知らせください)
 
[6] Best Regards,
(敬具)
 
[7] Masayoshi Suzuki(鈴木正義)
Director, AAA Japan Corporation(取締役、AAAジャパン株式会社)
Email: masayoshi.suzuki@aaajapancorporation.com
Tel: +81 3 1234 5678
Fax: +81 3 2345 6789
Http://www.aaajapancorporation.com
 
上記はサンプルなので、メールの内容は重要ではありませんが、基本はこの形に落とし込めばOKです。ポイントは[3]にあるように、「目的をはじめに言う」ところです。外国人の多くは、日本人ほどメールをきちんと読みません。よく分からないメールだったら、読み飛ばして返信もしません。
 
もしくは、質問の一部にしか返信をしません。よく日本語のメールでは、長々と説明が続いて、最後に目的が来る例が多いですが、これだと伝わりません。最初の方で伝えます。
 
そして[4] 主文が来ます。主文は、上記の例だと「何故私と会ったほうが良いのか」の説明です。自分が要望しているXXをすると、あなたにもメリットがあるよ、と説得するわけです。日本語のメールは主文も長いものが多いですが、長いメールは基本嫌がられると思ったほうが良いです。箇条書きにするくらい短くしましょう。それから[5] 目的を繰り返します。いつ会いますか?と詳細の話をしています。
 
ビジネスのメールは「型にはめて、それを使いまわせばオッケー」です。何の創造力も必要ありません。書く力とは、実際のところ、このようなものなのです。大したことないでしょ?
 
詳しくは「ビジネスメールで必要になるライティング能力〜Break the Iceをやってみよう!」をご参照下さい。
 

4.FacebookやLINEなどのやり取り(プライベートメール含む)で必要になる英語ライティング能力

一番簡単なのは、FacebookやLINEでのやり取りです。簡単な理由は何か。それは「文章が著しく短い」ことです。ここで、私がタイに住む友人とFacebookメッセンジャーで実際にやり取りした内容をみてみましょう。
ライティング能力を向上させる方法
見て頂いて分かる通り、文章というよりは、何語かの単語のやり取り、といったほうがよいと思います。FacebookやLINEといったメッセージアプリ、そしてスマートフォンの普及により、人々がやり取りする文章が非常に短くなりました。
 
これは英語でのやり取りの手間は難易度が大幅に減ったといってよいと思います。基本的な文法、単語と、良く使われる言い回しを覚えれば、容易にコミュニケーションできます。プライベートのメールは最近では、その多くがFacebookやLINEに置き換わっています。もしプライベートでしっかりとしたメールを出したい場合は、3.メールで必要になる英語ライティング能力を参照ください。
 
と、ここまでは初級編ですが、ビジネスにおいて、「型にはまらないメールを出さなければならないとき」「難しい交渉をしなければならないとき」「メールで言質を取られないようにしながらやりとりしないといけないとき」など、より難しい状況というものでてくるかと思います。
 
また、プライベートにおいて、「仲の良い友達に、関係を壊さずにクレームを言いたい」「相手が嫌がらない程度に、頼みたいことがある」など、難しいやり取りが必要なこともあるでしょう。こうした「少し難しい」コミュニケーションは、私達と一緒に学んでいきましょう。
 
英語教材ランキング

 

スタッフ記事
カテゴリー
最強の英語教材はこれだ!